大きなデザイン変革を。「Huawei Mate30 Pro」は「サイドボタン」を全て「ディスプレイ」に統合かもって話。

いまだ「エンティティリスト」から解除されていないとはいえ、今後「Huawei」への規制が緩和されていくと予測することができる中、「Huawei」は今後とも「Android」とよりコミットしていくことを発表している中、「中国」市場で発売される「Huawei Mate30」と「Huawei Mate30 Pro」に関しては、独自OSである「HongMeng」を採用する可能性があると予測されています。

詳細は「「経済制裁」は緩和されたけど。それでも「Huawei」は「Huawei Mate30」シリーズに「独自OS」を採用かもって話。」と「「Huawei」の「独自OS」は「Android」や「macOS」より処理速度が早くいまだ開発は継続しているって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、「Huawei Mate30 Pro」は、リークした「スクリーンプロテクター」からも「サイドボタン」の全てが「ディスプレイ」に統合されている可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Huawei Mate30 Pro」のデザイン。

さて上記の画像は、リーク情報に基づいてBenjamin Geskin氏が作成した「Huawei Mate30 Pro」のレンダリング画像になります。事前情報からも「Huawei Mate30 Pro」は「水滴型」の「ノッチ」を採用する一方で、「背面」は「サークル型」の「カメラデザイン」を採用すると予測されており、上記の画像にも反映されていることを確認することができます。詳細は「カメラデザインを変更するだけでこれだけ印象が異なるのか。「Huawei Mate30 Pro」の「カメラデザイン」が新たに判明にって話。」をご参照下さい。

情報が錯綜しているとすれば、「背面」の「カメラデザイン」であり、「サークル型」でも最低2種類のレンダリング画像が公開されており、さらに「Huawei Mate20 Pro」と同じく「スクエア型」の「カメラデザイン」が採用されている可能性があるとも予測されています。つまり「Huawei Mate30 Pro」のデザインで判然としないのが、その「カメラデザイン」であると判断することができます。

 

「スクリーンプロテクター」を確認。

そして今回リークした「Huawei Mate30 Pro」の「スクリーンプロテクター」が上記の画像になります。事前情報においても「Edgeスタイル」を採用することは判明していましたが、今回の画像を確認する限り、「Edge」部分の「傾斜」がほぼ垂直になっていることを確認することができます。単純にみても、「サイドフレーム」の部分まで「ディスプレイ」になっていることになります。

今回の情報によると、「ディスプレイ」が「サイドフレーム」の部分まできていることから、「電源ボタン」や「音量ボタン」などは「ディスプレイ」に統合されている可能性が高く、「Google Pixel 4」や「Galaxy Note10」で言われていた様な「ボタンレスデザイン」を採用している可能性が高いとしています。前2機種に関しては、「ボタン」を廃止し、代わりに「感圧センサー」を搭載することで、「ボタンレスデザイン」を採用しようと開発していることが判明していました。

しかし、「Huawei Mate30 Pro」に関しては、大きく異なり、「感圧センサー」ではなく、「ディスプレイ」への統合と、前2機種と比較してさらに進んだ技術を採用している可能性があると考えることができます。ただそもそも今回の話は、今回公開された「スクリーンプロテクター」が本物である必要性があります。続報に期待しましょう。

おしまい。



最新情報をチェックしよう!