過去最高価格を更新に。「Galaxy Note10」は「4G/5G」共通して最大「1TB」に対応へって話。

先日に「Samsung」は「8月7日」にイベントを開催することを正式に発表し、このイベントにおいて「Galaxy Note10/Galaxy Note10+」を正式に発表する可能性が高いと予測されており、さらに、先日の情報では、「8月下旬」の「金曜日」に発売を開始する可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia」と同じく「Galaxy Note10」の発売日は「金曜日」に。ただ最上位モデルは「18万円」に。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」は最大で「ROM1TB」に対応する可能性が高く、過去最高価格になると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「ベースモデル」は「128GB」から。

さて今回の情報によると、「Samsung」がまもなく正式発表すると予測されている「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」の「容量構成」の一部が判明したとしており、今回の情報を簡単にまとめると以下のようになります。

通信規格 機種名 容量構成
5G Galaxy Note10 256/512GB/1TB
Galaxy Note10+
4G Galaxy Note10 128/512GB/1TB
Galaxy Note10+ 256/512GB/1TB

まず共通しているのは、「4G/5G」関係なく、「ROM」は最大で「1TB」に対応していること。そしてこの「1TB」モデルの「RAM」は「12GB」になる可能性が高いとしています。「Galaxy S10」シリーズでは、「Galaxy S10+」のみが「RAM12GB/ROM1TB」に対応していましたが、今回の情報が正しければ、全てのモデルで対応したことになります。また今回の情報では言及されていませんが、各モデルの最上位モデル以外は、「RAM8GB」に対応している可能性が高いと判断することができます。

ただ「Galaxy S10」シリーズの時と異なり、「容量構成」はより慎重に選択する必要性がある予測されています。先日の情報では、その詳細は判然としませんが、「Galaxy Note10」の一部モデルは「SDカード」に対応していない可能性が高いと予測されています。詳細は「購入時の「容量」選びが非常に重要へ。「Galaxy Note10」は「SDカード」スロットに非対応へ。」をご参照下さい。

おそらくですが、「Galaxy Note10」は「4G/5G」関係なく「SDカード」に対応していない可能性が高く、一方で「Galaxy Note10+」は「4G/5G」関係なく「SDカード」に対応している可能性が高いと予測されています。「SDカード」を搭載できるかどうかは、もう完全に「内部スペース」の問題になります。

 

過去最高価格を更新する可能性。

また今回の情報では、「Galaxy Note10」シリーズでは過去最高価格を更新する可能性が高いとしています。一部モデルは「$2000」を超える可能性が高いと予測されています。単純に考えれば、「Galaxy Note10+」の「5G」モデルが同シリーズの中で最も高いモデルになると予測することができます。

「Galaxy S10」シリーズの中では、「Galaxy S10 5G」が高価格となっていますが、良くも悪くも、「ROM256/512GB」しか対応していないことからも、本体価格が日本円で「20万円」を超えることはありませんでした。これが「1TB」に対応していたら「20万円」を超えた可能性も十分に考えられます。ただ「Galaxy Note10」シリーズの場合は「1TB」に「5G」に対応していることで、「20万円」超えるのはほぼ必然だと判断することができます。

一部情報によれば、「韓国」などは「5G」モデルしか発売されないことが判明しています。詳細は「本体価格の高価格化が一気に進むのでは。「Galaxy Note10」シリーズは一部地域では「5G」モデルのみの販売へ。」なので、「5G」モデルしか発売されない地域は、「Galaxy」の高価格化が一層進むと判断することができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



最新情報をチェックしよう!