「サークル型」を採用するのではなく?「Huawei P30 Pro」の専用ケースが新たにリークしたって話。

少なくとも、執筆時点で2種類のレンダリング画像がリークしている「Huawei Mate30 Pro」ですが、直近の情報では、「Huawei Mate20 Pro」と異なり「スクエア型」ではなく、「サークル型」を採用しており、その上で、「トリプルレンズカメラ」に「TOFセンサー」を搭載する可能性が高いことが判明しています。詳細は「カメラデザインを変更するだけでこれだけ印象が異なるのか。「Huawei Mate30 Pro」の「カメラデザイン」が新たに判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、「Huawei Mate30 Pro」の「専用ケース」がリークし、「サークル型」ではなく「スクエア型」を採用していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



「専用ケース」を撮影した画像がリーク。

さて今回リークした「Huawei Mate30 Pro」の「専用ケース」とされる画像が上記の画像になります。確かに直近の情報と異なり、「サークル型」では「スクエア型」の「カメラデザイン」を採用していることを確認することができます。ただ今回の画像がいつのタイミングで撮影されたものなのか判然としないことからも、最初にレンダリング画像がリークした時に、作成された「専用ケース」なのか。

それとも直近の「レンダリング画像」が公開された後に作成された「専用ケース」なのか判然としません。少なくとも後者の場合は、「Huawei Mate30 Pro」は「サークル型」ではなく、「スクエア型」の「カメラデザイン」を採用すると判断することができます。

 

有名リーカーが作成したレンダリング画像。

また有名なリーカーでありながらデザイナーでもあるBenjamin Geskin氏は、直近のリーク情報に基づいて作成した「Huawei Mate30 Pro」のレンダリング画像を作成しており、同氏が公開したレンダリング画像が上記の画像になります。事前情報通り、「水滴型」の「ノッチ」を採用しており、さらに「サークル型」の「クアッドレンズカメラ」を採用していることを確認することができます。

個人的にはこの「サークル型」の「カメラデザイン」のほうがよほどお洒落に感じ、さらに人気も出ると思います。「Huawei Mate30」と「Huawei Mate30 Pro」は一時期「8月下旬」に発表されると予測されていましたが、昨年と同様に「10月」に発表される可能性が高いことが判明しています。また「Huawei Mate30 Pro」には「5G」モデルが存在しており、「12月」に発売を開始することが判明しています。詳細は「「Huawei Mate30 Pro」は「5G」モデルが存在に。「12月」に発売を開始へって話。」をご参照下さい。

また「エンティティリスト」の影響が徐々に緩和されていく可能性が高い中、「Huawei」は先を見据えてか、「中国」市場で発売する「Huawei Mate30」と「Huawei Mate30 Pro」は独自OSである「HongMneg」を搭載する可能性が高く、少なくとも同シリーズの「グローバルモデル」は引き続き「Android」を採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「「経済制裁」は緩和されたけど。それでも「Huawei」は「Huawei Mate30」シリーズに「独自OS」を採用かもって話。」をご参照下さい。

地味にそのデザインに関して、情報が錯綜しており、これは「OnLeaks」氏の「CAD」を基に作成したレンダリング画像が公開されるのを待つのが一番確実そうですよね。続報に期待しましょう。

ドコモで

おしまい。



最新情報をチェックしよう!