「Google Pixel 4」は「1600万画素」の「望遠レンズ」に「RAM6GB」を搭載へって話。

先日には「CAD」を基に作成されたレンダリング画像が公開されており、そのデザインが判明しつつある中、さらに「実機」画像がリークしていることからも、いよいよ「Google Pixel4 」は「デュアルレンズカメラ」を搭載する可能性が非常に高いと判断することができます。「ついに実機画像がリーク。「Google Pixel 4」は「スクエア型」の「カメラ」を採用確定でって話。」をご参照下さい。

例年通りであれば、「10月」に発表が予測されている「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」ですが、すでに「Google」が同シリーズのティザー画像を公開するなど、ユーザーの興味を引きつけることにも注力しているのか、従来と異なる「マーケティング戦略」を行っていると判断することができます。

さて今回GSM Arenaによると、次期「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」では「1600万画素」の「望遠レンズ」を搭載する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「1600万画素」の「望遠レンズ」を搭載に。

少なくとも「Google Pixel 4」の「カメラアプリ」の情報からとして、「広色域P3」に対応していることが判明しており、さらに、事前情報通り「デュアルレンズカメラ」を搭載している可能性が高いとしています。さらに内部コードなどに精通しているXDAの話として、「Google Pixel 4」では従来の「標準レンズ」に加え、「望遠レンズ」が追加されている可能性が高いとしています。

ちなみに上記の画像は、「Android Q」の「β版」の内部コードになりますが、「望遠レンズ」の記述を確認することができます。今回の情報では、この「望遠レンズ」は「光学式2倍ズーム」に対応し、さらにその「画素数」は「1600万画素」になる可能性が高いとしています。XDAはさらに、「TOFセンサー」に関する記述を確認することができたとしています。

つまり「デュアルレンズカメラ」+「TOFセンサー」の組み合わせである可能性が高い以上、「トリプルレンズカメラ」の構成になると判断することができ、さらに「Google Pixel 4」は「顔認証」などに使用するために「前面」にも「TOFセンサー」を搭載している可能性が高いとしています。

 

「RAM6GB」に対応へ。

また今回の情報では、事前情報通り、「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」では「RAM6GB」に対応する可能性が高く、さらに「バッテリー容量」も前モデルと比較して大型化している可能性が高いと予測されています。その詳細な「ディスプレイサイズ」は判明していませんが、一部情報が正しければ、「本体サイズ」が大型化しているにも関わらず、「ディスプレイサイズ」が小型化すると、「ベゼル」が太くなる可能性が高いとも予測されています。

昨年発売を開始した「Google Pixel 3」と「Google Pixel 3 XL」はお世辞にも成功したと言えませんが、一方で初の「ミドルレンジモデル」となった「Google Pixel 3a」と「Google Pixel 3a XL」は順調な売上を獲得していることが判明しています。とはいえ、「Google」がやはり売りたいのは「ハイエンドモデル」です。「Google Pixel 4」をどのような形でアピールするのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



最新情報をチェックしよう!