「Galaxy Note10+」の「5G」モデルのみが「デュアルレンズフロントカメラ」構成にって話。

昨年の「Galaxy Note9」と同じく、「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」は「8月上旬」に発表され「8月下旬」に発売を開始すると予測されていましたが、先日に「Samsung」は「8月7日」にアンパックを開催することを正式に発表しており、もちろん何を発表するかは発表していませいんが、公開された「ティザー動画」からも、「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」を正式に発表すると判断することができます。詳細は「「Samsung」が正式に発表。「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」が「8月7日」に正式発表へ。」をご参照ください。

さて今回GSM Arenaによると、「Galaxy Note10」の「5G」モデルのみが「フロント部分」にも「TOFセンサー」を搭載する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「5G」モデルのみが「TOFセンサー」を搭載に。

すでに「Galaxy S10 5G」では「メインカメラ」に「TOFセンサー」が統合されていることが判明していますが、今回韓国からの情報として、「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」の「5G」モデルが「前面」と「背面」の両方に「TOFセンサー」を搭載する可能性が高いとしています。「TOFセンサー」を搭載することによって、「ARアプリ」や「顔認識」そして「ボケ」のために使用されるとしています。

先日には「CAD」をもとに作成された「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」の「レンダリング画像」が公開されています。詳細は「「Galaxy Note10」に次いで。「Galaxy Note10 Pro」の最終確定版のレンダリング画像が公開に。」と「2種類の「Galaxy Note10」は異なるデザインを採用に。「Galaxy Note10」の最終確定デザインが判明に。」をご参照下さい。

上記の画像を含めて、「シングルレンズフロントカメラ」を搭載していることを確認することができます。つまり今回の情報が正しければ、「CAD」を基に作成された2つの「レンダリング画像」は「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」の「4G」モデルのデザインだと考えることができ、「5G」モデルに関しては、少なくとも「フロント部分」のデザインが異なると判断することができます。

また一部情報によれば、「Galaxy Note10」や「Galaxy Note10+」の「スクリーンプロテクター」がリークしていますが、これらも「シングルレンズフロントカメラ」となっていることからも、「4G」モデル用であると判断することができます。

 

「TOFセンサー」の増産を。

また今回の情報によると、「韓国」のレンズメーカーである「KOLEN」は「レンズ」の生産能力を「1300万」から「2500万」に増加させるために「ベトナム」に「新工場」を建設するために多額の投資をしていることが判明しており、この「メーカー」は「Samsung」の「サプライヤー」であることからも、「TOFセンサー」を増産している裏付けになるとしています。

「Galaxy S10」シリーズでは、「Galaxy S10 5G」以外は「TOFセンサー」を採用していません。一方で「5G」モデルのみとはいえ、「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」の両方が採用するとなると、今までの生産能力では需要に追いつかないと判断することができます。だからこそ、「TOFセンサー」の増産は「Galaxy Note10」に「TOFセンサー」が採用される裏付けになると判断することができます。

先日の情報からも、「韓国」など一部地域では「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」は「5G」モデルしか発売されないことが判明しています。詳細は「本体価格の高価格化が一気に進むのでは。「Galaxy Note10」シリーズは一部地域では「5G」モデルのみの販売へ。」をご参照下さい。「日本」では「4G」モデルのみが発売になると判断することができますが、「Galaxy S10 5G」の時と比較して「Galaxy Note10」シリーズでは、どれだけ「5G」の販売地域が拡大するのか非常に楽しみですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。



最新情報をチェックしよう!