カメラデザインを変更するだけでこれだけ印象が異なるのか。「Huawei Mate30 Pro」の「カメラデザイン」が新たに判明にって話。

一部情報において、「エンティティリスト」の影響により、販売数を見込めないことから、「Huawei」は次期「Huawei Mate30」と「Huawei Mate30 Pro」の受注量を減らしている可能性が高いことが判明しています。詳細は「「Huawei」自ら受注の制限開始に。「Huawei Mate30」や「Huawei Mate30 Pro」は入手困難に。」をご参照下さい。

とはいえ、「アメリカ」からの「経済制裁」が緩和されたことからも、完全復活までとはいきませんが、「Android」関連の不安を払拭することができたことからもある程度の販売量を見込めると判断することができます。さて今回Phone Arenaによると、「Huawei Mate30 Pro」の新たなレンダリング画像が公開されていることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



「サークル型」の「カメラデザイン」を採用へ。

今年の「10月」に正式発表されると予測されている「Huawei Mate30」と「Huawei Mate30 Pro」ですが、先日には「バックパネル」を撮影した画像がリークしており、「カメラデザイン」は「スクエア型」を採用すると予測されていましたが、「サークル型」を採用する可能性が高いことが判明しています。詳細は「四角から丸へ。「Huawei Mate30 Pro」の背面のガラスパネルがリークにって話。」をご参照下さい。

そして「バックパネル」のリークに合わせて、リークした「Huawei Mate30 Pro」のレンダリング画像が上記の画像になります。「Huawei P30 Pro」と同じく、「トリプルレンズカメラ」+「TOFセンサー」を搭載する可能性が高いと予測されています。つまり「カメラ」の仕様としては大きな変更がないと考えることができます。ただ「カメラデザイン」に関しては、大きく変更されていることを確認することができます。

 

新たな「レンダリング画像」が公開に。

そして今回公開された「レンダリング画像」が上記の画像になります。中国の大手SNSサイトであるweiboに投稿されていたものだとされており、その信憑性は判然としません。ちなみに左側が「Huawei Mate30 Pro」で右側が「Huawei Mate20 Pro」となっています。「Huawei Mate30 Pro」は「6.7インチ」の大型ディスプレイを搭載していると予測されていますが、「水滴型」の「ノッチ」を搭載したことにより、「画面占有率」が向上し、「6.4インチ」の「ディスプレイ」を搭載した「Huawei Mate20 Pro」とほぼ同じ「本体サイズ」であることを確認することができます。

また「Huawei Mate20 Pro」は「背面」がラウンドしていますが、「Huawei Mate30 Pro」はどちらかと言えば平面的な印象を受けます。そして大きな違いは「カメラデザインです。個人的には、今回公開されたレンダリング画像の「カメラデザイン」が最も優れたデザインのように感じます。ただ「ゲーミングスマホ」のような印象を受けます。ただ今回の画像では「カメラ」部分がどれだけ出っ張っているのか判然としません。しかしながら、「カメラ部分」自体がかなり大きくなっており、今後も搭載する「カメラレンズ」が増えれば触れるほど拡大化すると判断することができます。

一方で「ベゼルレスデザイン」を各メーカーが採用しており、「ノッチ」のデザインに違いはあっても大きな違いはありません。つまり「フロント」部分で、「デザイン」を区別化することは難しいと考えることができます。

一ですが「背面」に関して、今回の「レンダリング画像」を確認する限りでは、まだまだ「区別化」することができると判断することができます。昨年に「Huawei Mate20 Pro」で「スクエア型」の「カメラデザイン」を採用し、今年は「iPhone XI」や「Google Pixel 4」が同様に「スクエア型」を採用すると予測されている中、「Huawei」はさらに進んだデザインを採用すると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



最新情報をチェックしよう!