「ノッチ」部分がなぜか秘密の状態に。「Huawei Mate30 Pro」のスクリーンプロテクターがリークにって話。

約「1ヶ月半」に渡って続いてきた「アメリカ」から「Huawei」への経済制裁ですが、まだ「エンティティリスト」から解除されていないとはいえ、今後解除されていく可能性が高いことが判明しています。つまり、「Huawei」は従来と同じく、「アメリカ企業」や「アメリカ」が関与している「技術」を再び使うことができると判断することができます。

一方で「エンティティリスト」の追加によって、一番影響を受ける可能性が高いと予測されていたのが、「10月」に発表が予測されている「Huawei Mate30」と「Huawei Mate30 Pro」になります。少なくとも「Android」を搭載することができない以上、「Huawei」は「独自OS」を搭載する可能性があると予測されていました。詳細は「「Google」と密接な協力体制で開発?「Huawei Mate30 Pro」に搭載されるのは初となる「Huawei」独自「OS」に。」をご参照下さい。

「エンティティリスト」が今後解除される可能性が高いことを考えると、「Huawei」は無理に「独自OS」へ切り替える必要性はありませんが、執筆時点では「Huawei Mate30」と「Huawei Mate30 Pro」がどちらの「OS」を搭載するのか判然としない状況にあります。さて今回Phone Arenaによると、「Huawei Mate30 Pro」の「スクリーンプロテクター」を撮影した画像がリークしたと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「スクリーンプロテクター」がリーク。

さて今回リークした「Huawei Mate30 Pro」の「スクリーンプロテクター」を撮影したとされている画像が上記の画像になります。一部情報によれば、「Huawei Mate30 Pro」は「Huawei P30 Pro」と同じ、「水滴型」の「ノッチ」を採用する可能性が高いと予測されています。ただ、今回の画像を確認する限りでは、「ノッチ」部分は確認できないように加工されています。なぜ「ノッチ」部分が加工されているのか判然としません。

一方でディスプレイのデザイン以外において、「Huawei Mate30 Pro」は先日の情報からも、「水滴型」の「ノッチ」を採用することに加え、「6.7インチ」の「有機ELディスプレイ」を搭載し、さらに「OnePlus 7 Pro」が対応している「90Hz」の「フレームレート」に対応する可能性があると予測されています。ただその「表示解像度」に関しては、「Huawei Mate20 Pro」のように「2K」になるのか。それとも「Huawei P30 Pro」のように「FHD」になるのか判然としません。

またマイナーアップデートになる「Kirin985」を搭載し、さらに「4200mAh」のバッテリーを搭載するとされています。少なくとも「バッテリーサイズ」に変更はありませんが、その代わり「充電速度」が最大で「55W」に対応している可能性があると予測されています。詳細は「「Huawei Mate30 Pro」と同等の。「Galaxy Note10」は「50W」の超急速充電に対応にって話。」をご参照下さい。

「カメラ」に関しては、「Huawei Mate20 Pro」と比較した場合、新たに「TOFセンサー」が追加される程度、基本は「Huawei P30 Pro」から大きな変更はないと予測されています。ただ「カメラデザイン」に関しては、「Huawei Mate20 Pro」で採用されていた「スクエア型」から上記の画像のように「サークル型」に変更される可能性が高く、先日には「バックパネル」を撮影した画像もリークしています。詳細は「四角から丸へ。「Huawei Mate30 Pro」の背面のガラスパネルがリークにって話。」をご参照下さい。

一部情報では「10月」ではなく「8月」に正式発表される可能性が高いと予測されていますが、今回の情報においては例年通り「10月」に発表されると予測しています。実際に「独自OS」を搭載するのか。それとも「Android」を継続して採用するのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

おしまい。



最新情報をチェックしよう!