発売時期が遅れて。さらに「Huawei Mate X」は当初の予定より高価格化するかもって話。

当初の予定では「6月」より「中国」を中心に発売を開始する可能性が高いと予測されていた「Huawei Mate X」ですが、先日の情報からも、発売時期は延期され「9月」になる可能性が高いと予測されています。詳細は「独自「OS」は搭載せず「Android」を通して。「Huawei Mate X」は「9月」に発売を開始にって話。」をご参照下さい。ただ発売時期が遅れた原因の一つとして、アメリカの経済制裁の影響があると判断することができます。

一方で、「アメリカ」の経済制裁がついに終わったことからも、この状況は改善されると思いきや、今回GizChinaによると、「Huawei Mate X」は「中国」で「12月」に発売を開始する可能性が高いと報告しています。少なくとも、なぜ「12月」まで時期がずれこむのか判然としない状況にあります。

そして今回の情報によると、「Huawei Mate X」は、以前までは「12999元」($1898)になると予測されていましたが、値上がりになり「14999元」($2191)と値上げになる可能性が高いと予測されています。さらに「グローバル市場」で見ると、「17000元」($2483)になるとしています。「発売時期」に加え、なぜ「高価格化」しているのか判然としません。ただ以前よりも、手が出にくい機種になったことに間違いないと判断することができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!