「Huawei」が減産している間に。「Apple」は「iPhone XS」など一部機種を増産にって話。

「Huawei」が「エンティティリスト」に追加されたことで、大幅に売上が減少する可能性が高いと予測されている中、今回GSM Arenaによると、「Apple」は「iPhone」の生産を増加する可能性が高いことが判明したと報告しています。今回の情報によると、当初の予定では「3900万台」であったのに対して、新たな目標では「4000万台」に変更したとしています。

そして今回の増産の対象になる機種は、「iPhone XS」「iPhone XS Max」そして「iPhone XR」そして「iPhone 7」「iPhone  8」になるとしています。先日の情報では「9月」に最新機種が登場することからも、減産を開始した可能性があると予測されていましたが、Appleとしては、だいぶ思い切った決定だと判断することができます。少なくとも「中国」の「関税」の影響で、「iPhone」にも販売の影響が出る可能性があると予測されていますが、まずは商機をしっかり見極めることを優先したのかもしれませんよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!