「Galaxy S10e」の存在の意味は?「Galaxy A90」は「5G」対応だけど「本体価格」は安いって話。

日本では「au」から「Galaxy」の「ミドルレンジモデル」である「Galaxy A30」が発売を開始していますが、今回Phone Arenaによると、先日の情報通り「Galaxy A90」は「5G」に対応した特別モデルが存在しているとしています。少なくとも今回の情報によると、「SM-A905」と「SM-A908」の2種類の未発表機種の存在が判明しており、この機種が「Galaxy A90」と「Galaxy A90 5G」になると予測しています。

先日の情報では、この「Galaxy A90」は「Galaxy R」シリーズとして発表される可能性が高いと予測されていますが、今回の情報では「Galaxy A90」の名称で発表される可能性が高いと予測しています。また「Galaxy A90」は「6.7インチ」の「有機ELディスプレイ」に「snapdragon855」を搭載し、さらに「トリプルレンズカメラ」を搭載すると予測されています。

少なくとも「カメラ」の構成は「Galaxy S10」シリーズと異なる可能性が高いですが、「ミドルレンジモデル」であると、かなりインパクトがあるスペックであると判断することができます。そしてこの「Galaxy A90」は「Galaxy S10e」より安い「本体価格」になるとしています。ユーザーとして「5G」に対応した機種の選択肢が広がるのはありがたいですが、一方で「Galaxy S10e」を購入したユーザーからすれば、ちょっと残念ですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!