「カメラ」の出っ張りがひどい?「Google Pixel 4」の「専用ケース」がリークにって話。

初代「Google Pixel」シリーズ以降、「2モデル」を展開している「Google Pixel」シリーズですが、世代を重ねるごとに両モデルのデザインが顕著に異なってきており、「Google Pixel 3」シリーズにおいては、「Google Pixel 3」が「ベゼルレスデザイン」に。「Google Pixel3 XL」が「ノッチ」デザインを採用しており、一方で「廉価モデル」である「Google Pixel 3a」シリーズに関しては、「ノッチ」を採用せず、ベゼルレスデザインを採用していることが判明しています。

一方で今年の後半に登場する「Google Pixel 4」シリーズですが、事前情報においては「ボタンレスデザイン」を採用し、さらにはようやく「デュアルレンズカメラ」を搭載するなど、「ベース」の「デザイン」から大きな変更はないとされていますが、しっかりと強化すべきものは強化されている可能性が高く、先日には「リーク」情報に基づいてレンダリング画像も公開されています。詳細は「超高精細なレンダリング画像が公開に。「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」の一部スペックもリークに。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、今年の「10月」に正式発表が予測されている「Google Pixel 4」の「専用ケース」がリークしたことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


「専用ケース」がリーク。

さて今回リークした「Google Pixel 4」の「専用ケース」が上記の画像になります。少なくとも先日までにかなりの「レンダリング画像」がリークしているので、その「レンダリング」画像を元に作成されている可能性が十分に限られるので、「本物」とは完全に言い切れない状況にあります。

一方で、「本体の厚さ」は「8.2mm」であることに対して、「カメラ」込み」の「本体の厚さ」は「9.3mm」であることからも、「1.1mm」、「カメラ」が出っ張っていることになります。地味に「カメラ」の出っ張りがひどく感じてしまいますよね。つまり「スクエア型」の「カメラデザイン」を採用することで、その「存在感」も、「厚さ」もかなり増していると判断することができます。

一時期は「カメラ」の薄型化がメインとなっていましたが、今やどのメーカーも開き直ってどんどん分厚くなっているだけですよね。続報に期待しましょう。

最新情報をチェックしよう!