「FedEx」が配送を禁止に。「Huawei」製品が「アメリカ」国内に配送を拒否にって話。

「米中貿易」摩擦の影響により、「Huawei」は「アメリカ」から「エンティティリスト」にリストアップされたことからも、猶予期間である「3ヶ月」を経過した後、「アメリカ」に関係する「技術」や「企業」に一切関わることができなくなるとされており、まず「Google」と関係性を維持できなくなることからも、「Android OS」はまともに使うことが不可能になり、「Huawei」は独自OSに切り替える可能性があると予測されています。

詳細は「「Android」に代わる「独自OS」。「Huawei Mate30 Pro」に搭載される「独自OS」の正式名称が判明かもって話。」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、「Huawei」の「経済制裁」の影響は必ずしも、すべての地域で発生しているわけではないことが判明しており、少なくとも「インド」においては「Huawei」製品が市場で最も需要がある機種に違いがないことが判明しています。

詳細は「「Huawei P30 Pro」も人気。「インド」では「Huawei」の売上に全く影響がないって話。」をご参照下さい。さて今回Phone Arenaによると、「Huawei」の売上に関して、独自「OS」を今年の秋までに発表できるかどうかが大きなカギになると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

さて今回GSM Arenaによると、アメリカの大手配送業者である「FedEx」が「Huawei」製品の「アメリカ」国内への配送を禁止にしたことが判明したと報告しているとので簡単にまとめたいと思います。


「FedEx」が配送を拒否に。

「Huawei」が「エンティティリスト」に追加されたことで、基本「Huawei」は「アメリカ」企業と携わることが不可能になりましたが、今回の情報によると、配送の大手である「FedEx」が「Huawei」製品の配送を拒否したことが判明したとしています。

少なくともイギリスの企業が、「アメリカ」の支部に「Huawei」製品を送ろうとした際、「FedEx」において、「イギリス」に返送されたことが判明したとしており、また同ツイートにおいて、「アメリカ」の航空会社が、乗客が所持していた「Huawei」製品を没収したことが判明したとしています。

少なくとも「Huawei」製品に関して、「企業」や「国」レベルではなく「個人」のレベルに影響が発生していると判断することができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!