その大きさの違いは明白に。「2020年」に登場する次期「iPhone」のレンダリング画像が公開にって話。

今年の後半に登場が予測されている次期「iPhone」ですが、その正式名称は判然としませんが「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の後継機種は「iPhone XI」と「iPhone XI Max」になると予測されており、「iPhone XR」の後継機種は「iPhone XR2」になると予測されています。また先日「CAD」を元に作成されたレンダリング画像がリークしており、「iPhone XI」シリーズは「トリプルレンズカメラ」を。「iPhone XR2」が「デュアルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いことが判明しています。

詳細は「これ以上「iPhone」のデザインの進化は期待できないのか。有名リーカーが「iPhone XI」の確定的レンダリング画像を公開に。」と「いよいよ「デザイン」が最終確定に。「iPhone XR2」の「レンダリング」画像と「スペック」が公開に。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「iPad Pro」に採用された「USB-C」ですが、「iOS13」のβ版において、「iPhone XI」と「iPhone XI Max」には「USB-C」が採用される可能性が高いことが判明しています。詳細は「「Lightning」を捨てて。「iPhone XI」はついに「USB-C」を採用かもって話。」をご参照下さい。

さて今回有名なリーカーでもあるBenjamin Geskin氏が、自身のTwitterにおいて、「2020年」に登場する次期「iPhone」のレンダリング画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「レンダリング画像」が公開に。

さて今回公開されたレンダリング画像が上記の画像になります。少なくとも今年登場する次期「iPhone」の正式名称がそもそも「iPhone XI」と「iPhone XI Max」で合っているのかすら判然としないので、「2020年」に登場する次期「iPhone」の正式名称は判然としませんよね。ちなみに「2020年」に登場する「iPhone」は「5.4インチ」と「6.7インチ」のディスプレイを搭載すると予測されており、今回のレンダリング画像で確認すると、その大きさの違いは明白ですよね。

ちなみに「ノッチ」部分が縮小されたパターンが上記の画像になります。「2020年」に登場する次期「iPhone」は、「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載する可能性があると予測されているからも「Face ID」を継続して搭載するのか非常に気になりますよね。今思うと「iPhone」は「Android」のように「2つ」以上の「生体認証」を搭載したことがないですもんね。続報に期待しましょう。

 


最新情報をチェックしよう!