「デュアルアパチャー」が進化。「Galaxy Note10」は「三段可変絞り」に対応へって話。

今年の「8月」に正式発表される可能性が高いと予測されている「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10 Pro」ですが、「垂直型」の「カメラデザイン」により「ノッチ」を小型化された「インカメラ」を搭載されていると予測されていますが、先日に「CAD」を元に作成したレンダリング画像が公開しており、いよいよその最終デザインが判明したと判断することができます。

詳細は「2種類の「Galaxy Note10」は異なるデザインを採用に。「Galaxy Note10」の最終確定デザインが判明に。」と「「Galaxy Note10」に次いで。「Galaxy Note10 Pro」の最終確定版のレンダリング画像が公開に。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10 Pro」にも「8月10日」に正式発表される可能性が高いと予測されており、少なくとも「Galaxy Note9」の時は「8月9日」に正式発表、「8月24日」に発売を開始していることからも、同様のスケジュールになる可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy Note10」の正式発表は「8月10日」になるかもって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、「Galaxy Note10」は「デュアルアパチャー」機能が進化しており、「三段可変絞り」に対応する可能性が高いと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


「三段可変絞り」に対応へ。

さて「Galaxy S9」シリーズで初めて採用された「デュアルアパチャー」機能ですが、今回の情報によると、「Galaxy Note10」は「三段可変絞り」に対応する可能性があるとしています。少なくとも「F1.5 / F1.8 / F2.4」で「照度」に合わせて、自動的に調整しながら撮影することが可能になります。今回の情報が正しければ、「F1.8」に新たに対応した感じになります。

なのでより中途半端の照度での撮影において強化されると判断することができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!