多岐にわたる。「Huawei P30 Pro」にアップデートの配信が開始にって話。

「米中貿易」摩擦の影響により、「Huawei」は「アメリカ」から「エンティティリスト」にリストアップされたことからも、猶予期間である「3ヶ月」を経過した後、「アメリカ」に関係する「技術」や「企業」に一切関わることができなくなるとされており、まず「Google」と関係性を維持できなくなることからも、「Android OS」はまともに使うことが不可能になり、「Huawei」は独自OSに切り替える可能性があると予測されています。

詳細は「「Android」に代わる「独自OS」。「Huawei Mate30 Pro」に搭載される「独自OS」の正式名称が判明かもって話。」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、「Huawei」の「経済制裁」の影響は必ずしも、すべての地域で発生しているわけではないことが判明しており、少なくとも「インド」においては「Huawei」製品が市場で最も需要がある機種に違いがないことが判明しています。

詳細は「「Huawei P30 Pro」も人気。「インド」では「Huawei」の売上に全く影響がないって話。」をご参照下さい。さて今回Phone Arenaによると、「Huawei」の売上に関して、独自「OS」を今年の秋までに発表できるかどうかが大きなカギになると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

さて今回GizChinaによると、「Huawei P30 Pro」に対して修正用のアップデートの配信が開始したことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


アップデートが配信開始に。

さて今回のアップデート内容は以下のようになります。

 

  • This update adds the DC dimming mode, preventing screen flickering.
    Adds the DC dimming mode, preventing screen flickering. Go to Settings > Display > Eye comfort to enable Flicker reduction.
  • Adds Huawei’s ultra-low latency Bluetooth technology, allowing for high-quality sound and no-lag audio and video syncing, providing a thrilling listening and viewing experience.
  • Improves photo quality, making colors appear more natural and authentic.
  • Fixes the abnormal display of videos recorded by the front camera.
  • Adds the option to enroll a second face.
  • Optimizes fingerprint authentication. Re-enroll your fingerprints for an improved user experience
  • Fixes the issue where the display colors are abnormal in certain scenarios.
  • Allows for messages and notifications to display on a locked screen with live wallpaper.
  • Fixes the issue where the screen does not turn off automatically in certain scenarios. Optimizes system stability, for smoother overall performance.

 

かなり多岐にわたる修正となっており、ここまで修正用の項目があるのはユーザーとして嬉しいのかそれとも不具合が多すぎると考えるべきなのか複雑ですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!