やはり。新型「Air Pods」は売れてないみたいって話。

今年の後半に登場が予測されている次期「iPhone」ですが、その正式名称は判然としませんが「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の後継機種は「iPhone XI」と「iPhone XI Max」になると予測されており、「iPhone XR」の後継機種は「iPhone XR2」になると予測されています。また先日「CAD」を元に作成されたレンダリング画像がリークしており、「iPhone XI」シリーズは「トリプルレンズカメラ」を。「iPhone XR2」が「デュアルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いことが判明しています。

詳細は「これ以上「iPhone」のデザインの進化は期待できないのか。有名リーカーが「iPhone XI」の確定的レンダリング画像を公開に。」と「いよいよ「デザイン」が最終確定に。「iPhone XR2」の「レンダリング」画像と「スペック」が公開に。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「iPad Pro」に採用された「USB-C」ですが、「iOS13」のβ版において、「iPhone XI」と「iPhone XI Max」には「USB-C」が採用される可能性が高いことが判明しています。詳細は「「Lightning」を捨てて。「iPhone XI」はついに「USB-C」を採用かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Apple」の新型「Air Pods」の市場の成長に貢献することができず、予想より販売力がかなり弱いことが判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


販売力は弱い。

Appleは「Air Pods」の発売を開始した「2016年」以降、「ヒアラブル市場」でトップの座を維持してきましたが、今年の「3月」に発売を開始した新型「Air Pods」は市場で成長することに貢献することができなかったことが判明したとしています。

“Apple’s market share remained at the same level seen in the last quarter, failing to grow in spite of the launch of its second generation AirPods. While sales of the first generation AirPods were higher than expected thanks to a variety of sales promotions for stock-outs in the channel in Q1 2019, sales of the new model were weaker than initially expected due to the market’s mixed response.

旧「Air Pods」であれば、常に在庫状況が不安定でしたが、確かに新世代に関しては、常に「在庫あり」の状態となっていますよね。以前より噂されている完全に新型の「Air Pods」を待望しているユーザーが多く、買い控えが発生しているのかもしれませんね。続報に期待しましょう

おしまい。


最新情報をチェックしよう!