「Red」に「Silver」に加えて。「Galaxy S10」シリーズにさらに新色が追加にって話。

例年であれば、「Galaxy」シリーズが発売して、約「半年」経過しないうちに、「新色」が追加されるのが恒例となっていますが、直近であれば「Galaxy Note9」が地域限定とはいえ、「クラウドシルバー」と「アルパインホワイト」を追加しており、さらに先日の情報では、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」には「Cardinal Red」が追加される可能性が高いことが判明しており「6月10日」より発売を開始していることが判明しています。

詳細は「「Galaxy S10」シリーズの新色「レッド」は「6月10日」より発売開始にって話。」をご参照下さい。一方で先日には、「中国」限定で新色「Prism Silver」が追加される可能性が高いことが判明しています。詳細は「「Cardinal Red」に次いで。Samsungは「Galaxy S10」の新色「Prism Silver」を追加にって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、Samsungは「中国」で、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」に新色がさらに追加されることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


新色がさらに追加。

「Samsung」は「中国市場」向けに、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」の新色「smoke wave blue」を正式に発表したとしています。少なくとも既存色では「Prism Blue」が存在していますが、同じ「青系統」の色で「新色」が追加されたことになります。確か記憶が正しければ、「Prism Blue」は「ヨーロッパ」や「アメリカ」を中心に発売を開始しており、逆に「アジア圏」では限定された地域のみでの発売だったと思います。

だからこそ新色で同系統のカラーが追加されると判断することができます。普通に考えれば、同系統のカラーが2色以上展開されても、あまりインパクトがないですもんね。少なくとも今後数週間以内に、正式に発売を開始するとしています。

日本では「Galaxy S10+」が最大でも「2色」展開となっており、非常に厳しい状況となっています。これだけ新色が追加されるのであれば、日本でももうちょっと多色展開してほしかったですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!