妥当か。「iPhone XR2」の「電池持ち」は「iPhone」史上最高にって話。

今年の後半に登場が予測されている次期「iPhone」ですが、その正式名称は判然としませんが「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の後継機種は「iPhone XI」と「iPhone XI Max」になると予測されており、「iPhone XR」の後継機種は「iPhone XR2」になると予測されています。また先日「CAD」を元に作成されたレンダリング画像がリークしており、「iPhone XI」シリーズは「トリプルレンズカメラ」を。「iPhone XR2」が「デュアルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いことが判明しています。

詳細は「これ以上「iPhone」のデザインの進化は期待できないのか。有名リーカーが「iPhone XI」の確定的レンダリング画像を公開に。」と「いよいよ「デザイン」が最終確定に。「iPhone XR2」の「レンダリング」画像と「スペック」が公開に。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「iPad Pro」に採用された「USB-C」ですが、「iOS13」のβ版において、「iPhone XI」と「iPhone XI Max」には「USB-C」が採用される可能性が高いことが判明しています。詳細は「「Lightning」を捨てて。「iPhone XI」はついに「USB-C」を採用かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、今年の後半に発表される「iPhone XR2」は「iPhone」史上最高の「バッテリー」を持っている可能性が高いと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


最高の「電池持ち」を実現。

さて今回の情報によると、「Apple」は「iPhone XR2」の「バッテリー」をサプライヤーに注文したことからも、その「バッテリー」容量が判明したとしており、「iPhone」史上最大となる「3110mAh」になることが判明したとしています。少なくとも「iPhone XR」が「2924mAh」のバッテリーを搭載していることからも、僅か「5%」の増加に止まるが、「A13」チップの搭載により、消費電力効率がより改善している可能性が高いことからも、「電池持ち」はさらに良くなる可能性が高いとしています。

また「iPhone XR2」に関しては、「iPhone XR」と同じ「ディスプレイサイズ」に「表示解像度」を搭載していることからも、単純に「バッテリー」が大きくなっただけで「電池持ち」が改善するとしています。だとすれば、歴代最高の「電池持ち」を実現している「iPhone XR」以上の電池持ちを実現すれば、「iPhone XR2」が史上最高の「電池持ち」になりますよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!