• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 「Huawei Mate30」シリーズに間に合う。「8月」に「Huawei」独自「OS」が起動するかもって話。

「Huawei Mate30」シリーズに間に合う。「8月」に「Huawei」独自「OS」が起動するかもって話。

「米中貿易」摩擦の影響により、「Huawei」は「アメリカ」から「エンティティリスト」にリストアップされたことからも、猶予期間である「3ヶ月」を経過した後、「アメリカ」に関係する「技術」や「企業」に一切関わることができなくなるとされており、まず「Google」と関係性を維持できなくなることからも、「Android OS」はまともに使うことが不可能になり、「Huawei」は独自OSに切り替える可能性があると予測されています。

詳細は「「Android」に代わる「独自OS」。「Huawei Mate30 Pro」に搭載される「独自OS」の正式名称が判明かもって話。」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、「Huawei」の「経済制裁」の影響は必ずしも、すべての地域で発生しているわけではないことが判明しており、少なくとも「インド」においては「Huawei」製品が市場で最も需要がある機種に違いがないことが判明しています。

詳細は「「Huawei P30 Pro」も人気。「インド」では「Huawei」の売上に全く影響がないって話。」をご参照下さい。さて今回Phone Arenaによると、「Huawei」の売上に関して、独自「OS」を今年の秋までに発表できるかどうかが大きなカギになると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

さて今回GSM Arenaによると、「Huawei」は「8月」に「Huawei」の「独自OS」を起動させる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「8月」に正式発表に?

さて今回の情報によろうと、「Huawei」は早ければ「独自OS」を「8月」に発表する可能性があるとしています。少なくとも「グローバル市場」においては「Oak OS」と呼ばれている一方で、「中国国内」では「HongMeng OS」と呼ばれているとしています。ただこの独自OSにおいては、「Google」から直接セキュリティ更新プログラムを受信することができないことからも、「セキュリティ」の不安は残るとしています。

以前より、「Huawei」は、「独自OS」をだいぶ前から開発してきましたが、やはり死活問題だからこそ「起動」に乗せるのが異常に早いですよね。日本国内でも「Amazon」などで発売を開始した「Huawei P30」シリーズですが、ユーザーがどのような動向をとるのか非常に気になります。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧