「Xperia 1」のおかげかな。ベンダー別の直営店の売り上げで「SONY」がかなり頑張っているって話。

イギリス」の「Clove」や「Amazon」においては発売を開始した「Xperia 1」ですが、「6月上旬」に「ヨーロッパから発売を開始し、「6月中旬」に「香港」や「台湾」などの「アジア圏」。そして「日本」ではこのまま順当に行けば「6月14日」に発売を開始する可能性が高いと予測されています。詳細は「いよいよ「入荷」&「発売」開始に。「Xperia 1」は最速「出荷」で「5月30日」より開始。」と「「DoCoMo」「au」「SoftBank」は同時に発売を開始へ。「Xperia 1」は「6月14日」より発売を開始に。」をご参照下さい。

一方で「中国」においては、「予約開始」僅か「6時間」程度で初回在庫が「完売」し、さらに「予約ページ」が一時期「サーバーダウン」を起こし掛けるなど、近年の「Xperia」の中ではかなり反響が高いと判断することができ、さらに「イギリス」の「Amazon」においても、「Dual SIM」モデルが最大で「2ヶ月」待ちとかなり人気をあつめていることが判明しています。詳細は「僅か「6時間」足らずで「Xperia 1」は初期在庫が早くも「完売」に。そして「発売日」が人気の影響で「延期」に。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia 1」が好調なおかげか、「ベンダー」の直営店別の売上において「SONY」がかなり健闘していることが判明したと投稿されているので簡単にまとめたいと思います。


だいぶ頑張っている。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

不错啊,销售额@索尼Xperia 竟然排第四(单价高就是可以 ​​​​

さて今回の投稿によると、「SONY」の売り上げは悪くないとしており、実際に「4位」であるとしています。「中国語」なのでちょっと訳が分からないのですが、単純に「6月1日」時点における。「ベンダー」別の「直営店」における「売り上げランキング」であると判断することができます。「1位」が「VIVIO」となっており、「2位」が「OPPO」で、そして「4位」に「SONY」がランクインしていることを確認することができます。

「中国」では「5月28日」より「Xperia 1」の予約を開始しており、一方で「Xperia 10 Plus」などは「3月中旬」に発売を開始していることからも、ここまで人気が継続しているとは考えにくいので、「Xperia 1」が順当にうれていると判断することができます。本当SONYにとっては順調な出だしになりそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい


最新情報をチェックしよう!