• HOME
  • ブログ
  • iPad
  • 「iPad Pro」が「マウス」に対応へ。でも「マウス」は矢印カーソルではないみたい。

「iPad Pro」が「マウス」に対応へ。でも「マウス」は矢印カーソルではないみたい。

先日開催された「WWDC2019」におけるイベントにおいて、「Apple」は「純正ディスプレイ」「Mac Pro」そして「iOS13」や「iPadOS」など、例年通り最新の「OS」を正式に発表しました。「iOS13」では、「iPhone」としては初となる「ダークモード」に対応し、さらに「アプリ」のアップデートの高速化など、どちらかと言えば「マイナーアップデート」に留まっています。

一方で「iOS13」では「iPad」向けにさらに強化されると予測されてきましたが、「iOS13」とは別に「Apple」は「iPad」専用となる「iPadOS」を正式に発表し、「Mac」のサブディスプレイに対応な「マルチタスク」の機能の強化に、「ホーム画面」の刷新と、「iOS」がベースとなっていますが、より「iPad」に最適化されていることを確認することができます。詳細は「「高速化」がメインに。次期「iPhone XI」や「iPad Pro」に搭載される「iOS13」と「iPad OS」の特徴を簡単にまとめてみた。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「iPadOS」で対応した「マウス」機能ですが、「Mac」などのように「矢印カーソル」ではないことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


「矢印カーソル」に対応していない。

さて「iPadOS」において、「iPad」がアクセシビリティオプションとして「マウス」をサポートしていることが判明していますが、、今回の情報によると、「カーソル」のデザインは代表的な「矢印」ではなく、「円形」を採用していることが判明したとしています。

上記の「動画」を確認して頂くと分かりやすいですが、「矢印」ではなく「円形」であることを確認することができます。また「Bluetooth」マウスや「有線」マウスに対応していることが判明していますが、「マウス」のよってどこまでの操作ができるのかは判然としない状況にあります。少なくとも「Apple」の純正の「track pad」や「Magic Mouse」は「Mac」と同じように使えるとありがたいですよね。

「アクセシビリティオプション」とはいえ、「iPad」が「マウス」に対応したことでより「パソコンライク」に使えるようになる可能性が高く、その最初の第一歩であると判断することができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧