Samsungは諦めたらしい。結局「Galaxy Note10」は「ボタンレスデザイン」は採用せずって話。

先日の情報からも、今年の後半に登場する次期「Galaxy Note10」の事前情報を基に作成された「レンダリング画像」が公開されており、「インカメラ」はセンターに搭載され、さらに「ノッチ」は小型化に。そして「背面」に搭載される「クアッドレンズカメラ」は「Galaxy S9」シリーズ以来となる「垂直型」に変更される可能性が高いとされています。詳細は「この「デザイン」ならまさに「フルモデルチェンジ」に。「Galaxy Note10」のレンダリング画像が公開に。」をご参照下さい。

さらに「Galaxy Note10」シリーズにおいて、特に「大型モデル」である「Galaxy Note10 Pro」に関しては「Galaxy S10 5G」と同じく「4500mAh」の「バッテリー」を搭載する可能性が高いと予測されており、さらに「Galaxy Note10 Pro」は最大「100W」の超高速充電に対応する可能性が高いと予測されています。詳細は「まじでやばい。「Galaxy Note10」は「100W」の超急速充電に対応かもって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、「Galaxy Note10」シリーズでは以前より噂されていた「ボタンレスデザイン」は採用されないと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「ボタンレスデザイン」は不採用に。

さて今回の情報によると、直近の情報においては、「Galaxy Note10」は「グリップ」式の感圧センサーを採用することによって、「ボタンレスデザイン」を採用する可能性が高いと予測されていますが、「Galaxy」関連の情報に精通しているIce Universe氏によると、従来モデルのように「Galaxy Note10」は「物理ボタン」を継続して採用する可能性が高いとしています。

そもそも事前情報通り、「ボタンレスデザイン」を採用するために開発を進めていたみたいですが、少なくとも「Samsung」の厳格なテストを通過することができず、「ボタンレスデザイン」の採用を諦めたとしています。つまり「Galaxy S11」シリーズ以降で本格的に採用になると判断することができます。ただやはり事前情報通り、「イヤホンジャック」に関しては、廃止になる可能性が高いとしています。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!