「2019年」の「Huawei」の売上は。独自「OS」を秋までに搭載できるかどうかが大きなカギになるって話。

「米中貿易」摩擦の影響により、「Huawei」は「アメリカ」から「エンティティリスト」にリストアップされたことからも、猶予期間である「3ヶ月」を経過した後、「アメリカ」に関係する「技術」や「企業」に一切関わることができなくなるとされており、まず「Google」と関係性を維持できなくなることからも、「Android OS」はまともに使うことが不可能になり、「Huawei」は独自OSに切り替える可能性があると予測されています。

詳細は「「Android」に代わる「独自OS」。「Huawei Mate30 Pro」に搭載される「独自OS」の正式名称が判明かもって話。」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、「Huawei」の「経済制裁」の影響は必ずしも、すべての地域で発生しているわけではないことが判明しており、少なくとも「インド」においては「Huawei」製品が市場で最も需要がある機種に違いがないことが判明しています。

詳細は「「Huawei P30 Pro」も人気。「インド」では「Huawei」の売上に全く影響がないって話。」をご参照下さい。さて今回Phone Arenaによると、「Huawei」の売上に関して、独自「OS」を今年の秋までに発表できるかどうかが大きなカギになると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


独自「OS」がカギに。

少なくとも「Huawei」は今年の出荷台数の目標を昨年の「2億台」から「2.5億台」に成長されるとしてきましたが、「経済制裁」の影響を受けて、「Huawei 」は目標を調整する必要性があるとしています。ただ「Huawei」の名誉会長は、少なくとも現在設定されている目標が達成することができるかに言及するにはまだ早すぎるとしています。

有名なアナリストであるMing Chi-Kuo氏は「Huawei」は売上が大幅に減少すると予測しており、少なくとも、噂されている独自「OS」を秋までに搭載することができなければ、「出荷台数」は「1.8億台」程度と、目標に対して大幅に出荷台数が減少する可能性があるとしています。独自「OS」を早期にリリースできるかどうかがカギとなっていると判断することができます。

少なくとも「10月」に発表されると予測されている「Huawei Mate30」や「Huawei Mate30 Pro」に搭載できないと非常に厳しいことになりそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!