ちょっと明るい兆し?「Huawei Mate20 Pro」が「Android Q」の「ベータプログラム」に復活したって話。

「米中貿易」摩擦の影響により、「Huawei」は「アメリカ」から「エンティティリスト」にリストアップされたことからも、猶予期間である「3ヶ月」を経過した後、「アメリカ」に関係する「技術」や「企業」に一切関わることができなくなるとされており、まず「Google」と関係性を維持できなくなることからも、「Android OS」はまともに使うことが不可能になり、「Huawei」は独自OSに切り替える可能性があると予測されています。

詳細は「「Android」に代わる「独自OS」。「Huawei Mate30 Pro」に搭載される「独自OS」の正式名称が判明かもって話。」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、「Huawei」の機種が採用している「Kirin」チップは「ARMアーキテクチャー」を採用していることからも、今後使用不可になる可能性が高いと予測されている中、「Huawei Mate30」シリーズが採用すると予測されている「Kirin985」を経済制裁の対象外になる可能性があるとも予測されています。

詳細は「「Huawei Mate30 Pro」は影響ない。「Kirin985」は経済制裁対象ではないかもって話。」をご参照下さい。さて今回Phone Arenaによると、「Huawei Mate20 Pro」が「Android Q」の「ベータプログラム」に復活していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


「ベータプログラム」に復活。

先日の情報からも、「Huawei」の機種の中で「Android Q」の「ベータプログラム」に登録されていた「Huawei Mate20 Pro」ですが、一度リストから除外されていることが判明しています。詳細は「すでに阻害が始まっている。「Huawei Mate20 Pro」が「Android Q」のベータプログラムの対象機種から外れるって話。」をご参照下さい。

しかしながら今回の情報によると、「Huawei Mate20 Pro」が再び「Android Q」の「ベータプログラム」に復活していることが判明したとしています。ただなぜ復活したのか判然としません。ただ先日の情報からも「SDカード」や「Wi-Fi」が再び使えるようになっていることが判明していることからも、「Huawei」にとっては、いい兆しとも言えますが、それでも今回の情報によると、「Huawei」は独自「OS」に切り替える可能性が高いと報告しています。

かなり絶望的に近い状況まで追い込まれた「Huawei」ですが、今後少しでも好転するといいですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!