過剰在庫に?「iPhone XS」や「iPhone XS Max」の生産が減産に。さらには生産中止にって話。

今年の後半に登場が予測されている次期「iPhone」ですが、その正式名称は判然としませんが「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の後継機種は「iPhone XI」と「iPhone XI Max」になると予測されており、「iPhone XR」の後継機種は「iPhone XR2」になると予測されています。また先日「CAD」を元に作成されたレンダリング画像がリークしており、「iPhone XI」シリーズは「トリプルレンズカメラ」を。「iPhone XR2」が「デュアルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いことが判明しています。

詳細は「これ以上「iPhone」のデザインの進化は期待できないのか。有名リーカーが「iPhone XI」の確定的レンダリング画像を公開に。」と「いよいよ「デザイン」が最終確定に。「iPhone XR2」の「レンダリング」画像と「スペック」が公開に。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「iPhone XI」や「iPhone XI Max」は、「アメリカ」が「中国」に対しての関税を「25%」あげた影響を受け、平均で「14%」程度の値上げが行われる可能性があると予測されています。詳細は「「iPhone XI」と「iPhone XR2」は「米中摩擦」の影響で約「14%」の値上げになるかもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「iPhone XI」シリーズの発表に向けて、Appleは現行機種の生産の減少を開始した可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「減産」の開始。

さて今回の情報によると、Appleは「6月」より「既存機種」の生産を減らす準備をしていることが判明したとしています。少なくとも今回の「減産」で最も影響を受けるのは「2018年」に発表されたモデルになるとしています。少なくとも「iPhone XS」シリーズの販売はかなり鈍化しており、その間も生産を継続していたことからも、かなり在庫が増加したとしています。

このことからも「iPhone XS」シリーズは最悪生産中止にすることで、在庫量を調整する可能性が高いとしています。一方で「iPhone XR」に関しては、「北米」で最も売れている機種となっていますが、在庫量は決して適正ではないとされており、少なくとも「減産」が必要であることが判明したとしています。まあはっきり言えば、「2018年」モデルは過剰在庫になっているため、減産する必要性があるということになりますよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!