「デュアルフロントレンズカメラ」は確定か。「Google Pixel 4 」のスクリーンプロテクターがリークにって話。

初代「Google Pixel」シリーズ以降、「2モデル」を展開している「Google Pixel」シリーズですが、世代を重ねるごとに両モデルのデザインが顕著に異なってきており、「Google Pixel 3」シリーズにおいては、「Google Pixel 3」が「ベゼルレスデザイン」に。「Google Pixel3 XL」が「ノッチ」デザインを採用しており、一方で「廉価モデル」である「Google Pixel 3a」シリーズに関しては、「ノッチ」を採用せず、ベゼルレスデザインを採用していることが判明しています。

一方で今年の後半に登場する「Google Pixel 4」シリーズですが、事前情報においては「ボタンレスデザイン」を採用し、さらにはようやく「デュアルレンズカメラ」を搭載するなど、「ベース」の「デザイン」から大きな変更はないとされていますが、しっかりと強化すべきものは強化されている可能性が高く、先日には「リーク」情報に基づいてレンダリング画像も公開されています。詳細は「超高精細なレンダリング画像が公開に。「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」の一部スペックもリークに。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Google Pixel 4」の「スクリーンプロテクター」がリークしたと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「スクリーンプロテクター」がリーク。

さて今回リークした「Google Pixel 4」の「スクリーンプロテクター」の画像が上記の画像になります。ちなみに今回の「スクリーンプロテクター」を開発した「Skinomi」は、この「Google Pixel 4」の「スクリーンプロテクター」のデザインと設計にかなりの自信を持っているとしています。

少なくとも今回公開された「レンダリング」画像を確認する限り、「Galaxy S10」シリーズと同じく「パンチホール式」の「ノッチ」を採用しており、さらに「デュアルレンズフロントカメラ」を搭載していることを確認することができます。また「デュアルフロントスピーカー」を搭載していることも確認することができます。

少なくとも「アクセサリーメーカー」は「CAD」や「公式情報」を元に「アクセサリー」を作成することが多く、今回も何かしらの情報を仕入れた上で作成していると判断することができます。上記の画像では、事前情報と異なり「ボタンレスデザイン」ではありませんが、全体的なデザインとしてはこれで確定なのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!