なぜか「IP68」ではない。「中国」の「Xperia 1」は「IP65」表記にって話。

「台湾」で「5月28日」より。「香港」では「5月31日」より発売を開始することが確定していた「Xperia 1」ですが、先日の情報からも、「台湾」では「6月上旬」以降に。「香港」では「6月11日」へと大幅に発売が延期されたことが判明しており、特に「台湾」においては発売日が直前だったこともあるせいか、商品は入荷しているのに販売できないとまさに最悪の状態になっていることが判明しています。

詳細は「「予約」開始も「発売日」も延期へ。「Xperia 1」の「SIMフリー」モデルの発売日はさらに遅れて「6月11日」に。」と「「発売延期」で一番悲しいパターンに。「Xperia 1」はすでに「入荷」しているのに販売ができない。」をご参照下さい。

一方で「日本」国内に関しては、「6月中旬」以降の発売開始と案内されていますが、先日の情報からも、「6月14日」である可能性が高いと予測されていましたが、「世界」的に発売が延期になっている可能性が高く、「6月下旬」以降の発売になる可能性が高いと予測されています。詳細は「「DoCoMo」「au」「SoftBank」は同時に発売を開始へ。「Xperia 1」は「6月14日」より発売を開始に。」と「「SIMフリー」モデルの発売の遅れは「キャリアモデル」にも影響に。「Xperia 1」の国内販売は「7月上旬」まで延期かも。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして非常に定評のあるZackbuks氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「中国」で発売される「Xperia 1」は「IP65」の表記になっていることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


「IP65」表記に。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

国行 Xperia 1 同样有 IP68 认证,但因为某些原因,只说 IP65,不存在国行版与其他地区产品质量标准不一的情况。

さて今回投稿されていた内容によると、「中国」で発売される「Xperia 1」は「IP68」の認証を取得しているが、何らかの理由で「IP65」の表記になっているとしています。ただ「中国」版と「グローバル」モデルで、品質基準に違いはありません。としています。何の理由かが非常に気になりますよね。確かに「IP65」と「IP68」で「防水」における基準が全くことなるので。

よく「IP68」に対応しているからといって、「海」や「プール」もしくは「お風呂」に沈める人がいますけど、そういうユーザーに対しての配慮であえてそのようにしているのでしょうか。一時期SONYは「アメリカ」で裁判になってましたもんね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!