「Face ID」が嫌でも。「2020年」の次期「iPhone」は「Touch ID」が復活へって話。

今年の後半に登場が予測されている次期「iPhone」ですが、その正式名称は判然としませんが「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の後継機種は「iPhone XI」と「iPhone XI Max」になると予測されており、「iPhone XR」の後継機種は「iPhone XR2」になると予測されています。また先日「CAD」を元に作成されたレンダリング画像がリークしており、「iPhone XI」シリーズは「トリプルレンズカメラ」を。「iPhone XR2」が「デュアルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いことが判明しています。

詳細は「これ以上「iPhone」のデザインの進化は期待できないのか。有名リーカーが「iPhone XI」の確定的レンダリング画像を公開に。」と「いよいよ「デザイン」が最終確定に。「iPhone XR2」の「レンダリング」画像と「スペック」が公開に。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「iPhone XI」や「iPhone XI Max」は、「アメリカ」が「中国」に対しての関税を「25%」あげた影響を受け、平均で「14%」程度の値上げが行われる可能性があると予測されています。詳細は「「iPhone XI」と「iPhone XR2」は「米中摩擦」の影響で約「14%」の値上げになるかもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Apple」は「2020年」に発表される次期「iPhone」で「Touch ID」を復活させる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「Touch ID」が復活に。

さて今回Appleのサプライチェーンの話として、「2020年」に登場する次期「iPhone」は「インディスプレイ音響指紋技術」を搭載する可能性が高いと報告しています。少なくともこの技術は、ユーザーの指紋の符号化された画像を音声信号に変換し認証を行う技術となっており、「Touch ID」より、より早く認証が可能になるとしています。ただ今回の情報では、「Touch ID」と「Face ID」の両方が搭載されるのか、それとも「Face ID」が廃止になるのかは判然としません。

また今回の情報によると、「True Depth カメラ」は「2020年」に登場する次期「iPhone」では「インカメラ」だけではなく、「メインカメラ」にも採用される可能性が高いとしています。やはり今までのリーク情報を見ている限り、フルモデルチェンジは「2020年」に登場する「iPhone」になりそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!