経済制裁の影響で。「Huawei」は「2019年」の出荷台数は「24%」減少する可能性がって話。

先日から話題となっていますが、「米中貿易摩擦」の影響で「Huawei」が「アメリカ」から「経済制裁」の対象となっており、「Android OS」に「SoC」にと「アメリカ」企業の技術に関連するすべてのことが打ち止めとなっており、また日本国内では発売が予定されていた「huawei P30 Lite」と「Huawei P30 Pro」の予約中止に「発売延期」と深刻な状況になっていることが判明しています。

詳細は「シェア世界1位の計画は頓挫へ。次期「Huawei Mate30 Pro」から「Google」のアップデートやアプリがすべて廃止に。」と「「DoCoMo」も「au」も対応に戸惑う。「Huawei P30 Lite」と「Huawei P30 Pro」が実質発売延期に。」をご参照下さい。

また直近の情報では、「Huawei」製品に「SDカード」を搭載できなくなる可能性が高いことが判明しており、さらに現在開発している「Kirin985」は大丈夫な可能性が高いと予測されていますが、それ以降の新型「Kirin」チップは再設計しない限り使えなくなる可能性が高いと、かなり窮地に立たされていることが判明しています。

さて今回GizChinaによると、「Huawei」は「アメリカ」の経済制裁への影響で「2019年」の出荷台数が大幅に減少する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


出荷台数が大幅に減少へ。

さて今回の情報によると、「アメリカ」がこのまま「Huawei」に対して「経済制裁」を続行したと仮定した場合、「2019」年の出荷台数は「24%」と減少する可能性が高いとしており、さらに「2020年」も継続した場合、「2020年」は前年対比で「23%」減少する可能性があると予測しています。つまり「2020年」まで継続した場合は、「Huawei」がかなりの痛手になると判断することができます。

少なくとも「2018年」と比較して、「30%」近く「出荷台数」が減少することになります。正直世界1位を目指していた「huawei」にとっては取り返しがつかないダメージになります。少なくとも今回の経済制裁は「Huawei」が原因じゃないにしろ、「Huawei」にマイナスイメージがついてしまうため、今まで使ってきたユーザーも「経済制裁」が解除された後、また同じことがありえると思うと嫌悪される可能性が増えるので。「経済制裁」がどれだけの期間行われるかによって、「huawei」の今後が決まりそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!