• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「Face ID」がより認証しやすく。次期「iPhone XI」の一部スペックがさらに判明にって話。

「Face ID」がより認証しやすく。次期「iPhone XI」の一部スペックがさらに判明にって話。

今年の後半に登場が予測されている次期「iPhone」ですが、その正式名称は判然としませんが「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の後継機種は「iPhone XI」と「iPhone XI Max」になると予測されており、「iPhone XR」の後継機種は「iPhone XR2」になると予測されています。また先日「CAD」を元に作成されたレンダリング画像がリークしており、「iPhone XI」シリーズは「トリプルレンズカメラ」を。「iPhone XR2」が「デュアルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いことが判明しています。

詳細は「これ以上「iPhone」のデザインの進化は期待できないのか。有名リーカーが「iPhone XI」の確定的レンダリング画像を公開に。」と「いよいよ「デザイン」が最終確定に。「iPhone XR2」の「レンダリング」画像と「スペック」が公開に。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、今年の後半に発表されると予測されている次期「iPhone XI」と「iPhone XI Max」の「Face ID」の認証範囲がさらに拡大する可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「Face ID」が進化?

一部情報では次期「iPhone XI」シリーズでは「iPhone XS」シリーズと比較して、「ノッチ」部分が小型化される可能性があると予測されてきましたが、先日公開されたCADを基に作成されたレンダリング画像を確認する限り、「小型化」されていることを確認することはできません。一方で今回の情報によると、「ノッチ」部分は小型化されないと前置きした上で、「Face ID」はより広角で認証が可能になる可能性が高いとしています。

また今回の情報によると、新たに搭載される「トリプルレンズカメラ」のそのすべてに「光学式手ぶれ補正」を対応させるようにAppleが研究していることも判明しています。ただこの案は廃棄され、「iPhone XS」シリーズと同様に「メインカメラ」と「望遠カメラ」の2つに「光学式手ぶれ補正」が対応するとしています。さらに夜間での撮影に強くするためなのか「LEDフラッシュ」がさらに明るくなるとしています。

また「iPhone XS」シリーズで初めて搭載された「スマートHDR」ですが、「iPhone XI」ではさらに進化する可能性が高いとしており、「カメラ」に関しても、細部をより進化させている感じで、目立って分かりやすく進化するという形ではないと判断することができます。なんか「S」モデルみたいな進化の仕方ですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧