「Huawei Mate30 Pro」と同等の。「Galaxy Note10」は「50W」の超急速充電に対応にって話。

少なくとも先日の情報から、「Samsung」は地域ごとのニーズに応えるために、「ハイエンドモデル」のラインナップを今後細分化していく可能性が高いと予測されており、「Galaxy Note10」に関しては、「ディスプレイサイズ」が6.2インチ」の「Galaxy Note10e」と、「6.7インチ」の「Galaxy Note10 Pro」の「2モデル」展開になる可能性が高いと予測されています。詳細は「2モデル構成のうち一つの名称が判明に?次期「6.7インチ」の「Galaxy Note10」の名称は「Galaxy Note10 Pro」って話。」をご参照ください。

一方で、先日の情報からも、「Galaxy Note10 Pro」に関しては、コストカットのためか「Galaxy S10 5G」と同じく「4500mAh」のバッテリーを搭載する可能性が高いと予測されており、さらに「カメラ」に関しても、「トリプルレンズカメラ」+「TOFセンサー」と「クアッドレンズカメラ」になる可能性が高いと予測されています。詳細は「思ったより小型バッテリーを。「Galaxy Note10 Pro」は「4500mAh」のバッテリーを搭載になるかもって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「Galaxy Note10」は「50W」の超急速充電と「UFS3.0」に対応する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


超高速充電に対応へ。

さて今回の情報によると、「Galaxy Note10」は「50W」の超急速充電に対応する可能性が高いと報告しており、少なくとも先日にも同様のリーク情報があったことからも、ほぼ対応するのは確実だと判断することができます。ちなみに「Huawei Mate30 Pro」に関しては「55W」に対応すると予測されていることからも、今年の後半に登場する機種の一部は「50W」以上に対応すると判断することができます。

また今回の情報では、早ければ「Galaxy S10」シリーズで採用される可能性があると予測されていた「UFS3.0」にいよいよ「Galaxy Note10」で対応する可能性が高いとしています。すでに対応している機種が登場しているので当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが。「Galaxy Note10」は「Galaxy S10」シリーズ以上にスペックが大幅に強化されている可能性が高いと判断することができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!