• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「Huawei」の仕返しを「中国」はできず?「中国」で「iPhone」が禁止されない理由って話。

「Huawei」の仕返しを「中国」はできず?「中国」で「iPhone」が禁止されない理由って話。

「米中」の貿易摩擦が徐々に激しくなり、先日に「アメリカ」は「中国」からの関税を大幅に強化し、その結果「中国」から輸入するものが大幅に値上がりする可能性が高くなると予測されており、少なくとも「Apple」の「iPhone」も影響を受けると予測されており、「平均14%」の値上げが行われると予測されています。詳細は「トランプの愚策?次期「iPhone XI」シリーズは「関税」の影響で大幅に高価格化するかもって話。」と「「iPhone XI」と「iPhone XR2」は「米中摩擦」の影響で約「14%」の値上げになるかもって話。」をご参照下さい。

一方で「Huawei」に対して経済制裁を開始しており、「Google」のラインセンスに関係するものが停止になることが判明しており、さらに「Huawei」とその関連企業の取引もほぼ停止になったことからも、「Huawei」は世界1位のシェアを獲得するどころか、その存続すら危ぶまれる声も聞こえ始めています。詳細は「シェア世界1位の計画は頓挫へ。次期「Huawei Mate30 Pro」から「Google」のアップデートやアプリがすべて廃止に。」をご参照ください。

さて今回Phone Arenaによると、中国が「Apple」の「iPhone」を禁止できない理由を報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「iPhone」を禁止できない理由。

少なくともアメリカとの間に何かあれば「中国」では「iPhone」の「不買運動」が発生していますが、今回の「Huawei」への経済制裁に対して、中国は何か行動しないのか。簡単に言えば仕返しをしないのかと考える人もいるかもしれません。その仕返しの最も分かりやすい例としては、「iPhone」の製造などを「中国」で禁止することです。ただ今回の情報によると、「中国」が「iPhone」の禁止に踏み切れない最大の理由は、「iPhone」を禁止したことによる「中国」における経済損失だとされています。

逆に考えれば、「アメリカ」は今回「Huawei」に対して、「経済制裁」を行いましたが、「アメリカ」に発生する「損失」より得られる「利権」のほうが大きいと考えることができます。正直「アメリカ」と「中国」が揉めるのは勝手にしろって感じなのですが、今回のような感じになってしまうと、波及して被害を受ける国や地域がかなり大きいですよね。まあそれだけ「Huawei」がグローバル企業であることを裏付けているとも考えることができます。

「Huawei」に対して、日本国内でも数多くのサプライヤーが存在しています。なので日本国内でも一定のダメージが発生する可能性が高いと判断することができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧