さらなる革新的な技術を。「Galaxy S11」では「インカメラ」を「ディスプレイ」に統合へって話。

先日開催された「au」と「DoCoMo」の夏モデル発表会において、その認証情報通り、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」が正式に発表されましたが、特に「DoCoMo」に関しては、「本体価格」が地味に安いこと。そして「DoCoMo」限定モデルとして、「Galaxy S10+」のオリンピックモデルが数量限定モデルとして夏に発売を開始することが判明しています。詳細は「「Xperia 1」も「Huawei P30 Pro」も「DoCoMo」の夏モデルの一部機種はしれっと劣化モデルに。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、話題は早くも今年の「8月」に正式発表される可能性が高いと予測されている「Galaxy Note10」ですが、「ヨーロッパ」市場で特に「小型モデル」の人気が高いことからも、「ハイエンドモデル」であっても、地域別でのニーズを獲得するために、「Galaxy Note10」は「小型」モデルである「Galaxy Note10e」と「Galaxy Note10 Pro」の2つのシリーズに分かれている可能性が高いことが判明しています。詳細は「「Galaxy Note10e」は「フラットディスプレイ」を搭載に。さらに「バッテリー」容量も判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、来年発売される可能性が高い「Galaxy S11」は「インカメラ」が「ディスプレイ」に統合されている可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「Galaxy S11」

さて今回の情報によると、Samsungは真の「フルスクリーンデザイン」を採用した「スマートフォン」を開発していることが判明したとしており、来年の「2月」に正式発表される可能性が高い「Galaxy S11」では、「インカメラ」が「ディスプレイ」に統合されている可能性が高いとしています。つまり「パンチホール式」のデザインを採用するのは「1世代」のみになると判断することができます。

また他の一部メーカーが採用しているリフティングカメラも採用する可能性は低いと判断することができます。少なくともSamsungは「インカメラ」の「カメラセンサー」をできるだけ小型化できるように開発に着手しているとしています。また今回の情報によると、現行の「Exynos9820」は「8nm」を採用していますが、「5nm」の「CPU」を開発しているともしています。「Galaxy 」シリーズのデザインがどう生まれ変わるか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!