「Huawei Mate30 Pro」に止まらず。「Huawei」に対して「Intel」と「Qualcomm」の供給を中止へって話。

日本でも今年の「夏モデル」として「au」から「Huawei P30 Lite」が正式に発表され、さらに「DoCoMo」から「Huawei P30 Pro」が正式に発表されましたが、「Huawei P30 Lite」に関しては「5月下旬」に発売を開始することが確定している中、「Huawei P30 Pro」に関しては、その「発売」が「夏頃」と、「夏モデル」の中では、かなり発売日が遅いことが判明しています。

詳細は「「SIMフリー」の時代が到来に。「au」の「夏モデル」「Xperia 1」や「Galaxy S10」などの本体価格を比較してみた。」と「「Xperia 1」も「Huawei P30 Pro」も「DoCoMo」の夏モデルの一部機種はしれっと劣化モデルに。」をご参照下さい。

一方で「3月26日」に「Huawei P30 Pro」と同時に発表されている「Huawei P30」に関しては、「キャリアモデル」として発表される可能性は皆無ですが、その「認証情報」からも、国内では「SIMフリー」モデルとして発売される可能性が高いことが判明しています。詳細は「日本での発売は確実に。「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」が技適を通過に。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「アメリカ」の「Intel」や「Qualcomm」は「Huawei」に対する供給を中止することが判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


徹底的に中止に。

さて今回の情報によると、「Intel」や「Qualcomm」が「Huawei」への供給を中止することが判明したとしています。少なくとも「Intel」に関しては、「Huawei」の「パソコン」に関して大きく影響を与える可能性が高く、一方で「Qualcomm」に関しては、「Wi-Fi」やその他のコネクティヴィチップに影響がでると判断することができます。

少なくとも先日の情報からも、「Google」が「Huawei」に対して、最新機種への「OSアップデート」や「Google Play Store」や「セキュリティパッチ」の提供を中止することが判明していましたが、今回の情報によれば、「Huawei」はスマートフォンのみならず、その他のモバイル機器にもかなり影響が出ると判断することができます。少なくとも「スマートフォン」を製造する上でも影響が出そうですよね。

ここまで徹底的にアメリカが潰しにくるとはだれも思ってなかったと思います。今後の「Huawei」の対応が気になるところです。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!