またまた「専用ケース」がリーク。「iPhone XI」は「トリプルレンズカメラ」の存在感がすごいって話。

先日には「最終確定」したCADを基に作成された次期「iPhone XI」と「iPhone XI Max」のレンダリング画像が公開されており、ベースのデザインに関しては、「iPhone XS」シリーズから大きな変更はありませんが、一方で「カメラ」に関しては、「スクエア型」の「トリプルレンズカメラ」を搭載していることで、その存在感がかなりあることが判明しています。詳細は「「iPhone XI」と「iPhone XI Max」を比較したレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、「iPhone XI」シリーズに搭載されている「トリプルレンズカメラ」はそのバンプが少しでも目だたくなるように、「iPhone 7」や「iPhone7 Plus」の時のように「カメラ」自体を「傾斜」させている可能性が高いとしており、アップルがユーザーへの配慮をしていると判断することができます。詳細は「Appleの細かいこだわり。次期「iPhone XI」のトリプルレンズカメラはバンプが目立たないようにされているって話。」をご参照下さい。

さて今回Twitter上に、今年の後半に登場が予測されている「iPhone XI」と「iPhone XI Max」の「専用ケース」が投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


専用ケースがリーク。

さて今回リークした「iPhone XI」と「iPhone XI Max」の専用ケースとされている画像が上記の画像になります。一部情報では、「iPhone XS」の後継機種である「iPhone XI」は「5.8インチ」の「ディスプレイ」を搭載すると予測されていますが、一方で「バッテリー」が大型化し、「6.1インチ」のディスプレイを搭載するとも予測されています。

今回の画像を確認する限りでは、「iPhone XI」は「6.1インチ」になると考えることができます。やはり「レンダリング画像」でもそうですが、「専用ケース」で確認してもその「トリプルレンズカメラ」の存在感はかなりありますよね。ただ「iPhone」の「カメラ」が「デュアルレンズカメラ」から「トリプルレンズカメラ」を搭載することによって、どれだけ「DxOMark」において高スコアを獲得できるのか、「Galaxy S10 5G」や「Huawei P30 Pro」に追いついて世界1位の評価を獲得することができるのか気になるところです。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!