どうした?いきなり猛烈に批判。有名リーカーが「Xperia 1」の「4K OLED HDR」は市場最悪のディスプレイだと評価。

「カメラソフト」に関しては、いまだ完成していない可能性が高いと予測されている「Xperia 1」ですが、少なくとも「香港」や「台湾」「中国」など一部市場では当初の予定より「発売日」が遅れる可能性が高いと予測されており、「香港」や「台湾」では「5月31日」に。「中国」では「6月6日」と、当初の予定より「1週間」程度遅れることが判明しています。詳細は「「SIMフリー」モデルの入手は遅れる。「Xperia 1」の「発売日」は一部地域では「1週間」程度に延期に。」をご参照下さい。

一方で「日本」国内に関しては、「SoftBank」「au」「DoCoMo」の順番で「Xperia 1」を正式に発表し、「DoCoMo」のみが「Xperia 1」に加え、「ミドルレンジモデル」である「Xperia Ace」を正式に発表しました。詳細は「「SoftBank」が「Xperia 1」を正式発表。「キャリアモデル」と「SIMフリー」モデルの違いをまとめてみた。」と「auが「夏モデル」を正式に発表。「Xperia 1」は「ROM64GB」モデルで本体価格は割高な「11万2000円」に。」と「夏モデルは全体的に価格が安い。「Xperia 1」と「Xperia Ace」を正式発表へ。発売は「6月」以降に。」をご参照下さい。

さて今回有名なリーカーであるZackbuks氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia 1」のディスプレイを痛烈に批判していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


 

「ディスプレイ」を批判。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Xperia 1 的屏幕好不好看我不知道,但我知道它一定是市面上最差的 4K HDR OLED 手机屏幕。 ​​​​

今回の投稿によると、「Xperia 1」のディスプレイは良くない。少なくとも「Xperia 1」に搭載されている「4K OLED」は市場で最悪のディスプレイであることに変わりはないとしています。少なくとも、スマートフォンにおいて、「4K OLED」を採用しているのは、「Xperia 1」のみであって、今回比較対象になっているのは「テレビ」だと判断することができます。

そりゃあテレビと比較すれば、物足りなさがあるのは当たり前ですよね。ただなぜ同氏がいきなり痛烈な批判を始めたのか判然としません。同氏は実機を見た上でで今回の投稿をしていると判断することができますが、実際に「実機」で確認した感じ、「テレビ」と遜色ない仕上がりになっていることを確認することができました。なので、そこまで今回の投稿を気にする必要性はないと判断することができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



最新情報をチェックしよう!