• HOME
  • ブログ
  • Pixel
  • 「Google Pixel 3a」シリーズは発売したばかりだけど。「Google Pixel 4」はフルモデルチェンジに?って話。

「Google Pixel 3a」シリーズは発売したばかりだけど。「Google Pixel 4」はフルモデルチェンジに?って話。

日本では、「Google Pixel」シリーズとしては、「Google Pixel 3」と「Google Pixel 3 XL」が初の発売になりましたが、発売当初こそ良かったですが、売上は決して順調ではないことが判明しています。それこそ、初代「Google Pixel」以降、評価の高い「カメラ」は進化していますが、多くのメディアサイトは、やはり「シングルレンズカメラ」を搭載していること、「RAM」が不足していること。またその本体価格が高いことを痛烈に批判しています。

一方で「Google」は新興国での売上を確保するために、だいぶ前から「ミドルレンジモデル」を開発している可能性が高いと予測されてきましたが、先日には「Google Pixel 3a」と「Google Pixe 3a XL」を正式に発表し、「Google Pixel 3」シリーズと対して差がないスペックに、最大の特徴である「カメラ」をそのまま継承していながらも本体価格が「半額」など非常に注目度が高いです。詳細は「「Pixel」シリーズにとって代わる存在に。「Google Pixel 3a」シリーズは後継機種も開発されているって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Google Pixel 3a」シリーズが発売を開始したばかりですが、今年の後半に正式に発表される可能性が高い「Google Pixel 4」のデザインについて報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「Google Pixel 4」

すでに、一部スペックはリークしている「Google Pixel 4」ですが、そのリーク情報をもとにレンダリング画像が作成されており、上記の画像が「Google Pixel 4」のレンダリング画像だとされています。「Google Pixel 3」シリーズと異なり、「デュアルレンズカメラ」を搭載しており、さらに「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載し、また「Galaxy S10」シリーズのような「パンチホール式」を採用していることを確認することができます。

またレンダリング画像と異なりますが、今回の情報によると、「アルミフレーム」を採用し、さらに「物理ボタン」をすべて廃止する可能性が高いとしています。つまり「ボタン」という「ボタン」をすべて「active Edge」で対応すると判断することができます。

この流れは「Galaxy Note10」でも採用されると予測されていることからも、今後は「ボタンレスデザイン」がトレンドになるのかもしれないですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧