• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 「Huawei Nove」シリーズでも対応か?「Huawei」は「2020年」までに「ミドルレンジモデル」に「5G」対応へって話。

「Huawei Nove」シリーズでも対応か?「Huawei」は「2020年」までに「ミドルレンジモデル」に「5G」対応へって話。

先日の情報からも、当初の予定通りに「折りたたみ式」を採用した「Huawei Mate X」は「6月」に発売を開始する可能性が高いことが判明している一方で、それはあくまでも「中国」国内での話になり、「ヨーロッパ」においては、その供給数に限界があるのか、優先市場とはいえ「今年」の後半に発売を開始する可能性が高いと予測されています。詳細は「やはり「6月」で確定に。「Huawei Mate X」の発売まであと少しって話。」と「「Galaxy Fold」とは大きな差に。「Huawei Mate X」のヨーロッパでの発売は今年後半にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei Mate X」は同社として初の「5G」対応機種でありながら、唯一の対応機種であることからも、より安価な「5G」対応機種を準備する必要性があることからも、昨年の「10月」に正式に発表された「Huawei Mate20 X」の「5G」モデルが開発されていることが判明しており、「4G」モデルと比較して「RAM8GB」になっていること。

そして、「バッテリー」容量が「5000mAh」から大幅に減少していることが判明しています。詳細は「本体価格を抑えるため?「Huawei Mate20 X」の「5G」モデルのバッテリー容量は大幅に小型化へって話」をご参照下さい。さて今回GizChinaが、「Huawei」が「2020年」までに「ミドルレンジモデル」に「5G」を対応させる可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「ミドルレンジモデル」にも。

さて今回の情報によると、「Huawei」の幹部は「ミドルレンジモデル」の「5G」対応は「2020年末」に対応すると発言していることが判明しました。少なくとも執筆時点では「Galaxy S10 5G」など「ハイエンドモデル」に集中しており、その本体価格は非常に高価です。また先日より「スイス」で発売を開始している「Huawei Mate20 X」や「Xiaomi Mi MIX 3」の「5G」モデルでさえ、結局やすいという印象はあまりありません。

「2020年」になれば、「IFA2019」「MWC2020」と開催されているためより「5G」対応機種は増えている可能性が高いですが、それでもまだ黎明期であることを考えると「5G」対応機種は高いままだと判断することができます。少なくとも「5G」機種で「ミドルレンジモデル」が追加されるのは、「5G」対応機種のシェアが拡大するという面でも非常に重宝されそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧