カメラの画素数が大幅に向上に。「Galaxy Note10」は「6400万画素」の「カメラ」を搭載にって話。

先日の情報からも、今年の後半に登場すると予測されている「Galaxy Note10」は、「6.7インチ」のディスプレイに、「Galaxy」シリーズとして初となる「4K OLED」を搭載する可能性が高いと予測されており、「Galaxy Note10」の「ディスプレイ」はその精彩さからも、まるで「悪魔」のような「ディスプレイ」になると予測されています。詳細は「悪魔のような超高精細なディスプレイを。「Galaxy Note10」はやはり「4K OLED」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Samsung」は「ハイエンドモデル」においても、市場のニーズに応えるためには、「Galaxy Note10」は「6.4インチ」の「ディスプレイ」を搭載した「Galaxy Note10e」と、「6.7インチ」の「ディスプレイ」を搭載した「Galaxy Note10 Pro」にシリーズ化されているとされており、さらにそれぞれ「4G」モデルと「5G」モデルが存在している可能性が高いと予測されています。詳細は「「5G」に対応することで。「Galaxy Note10」は全部で「4モデル」構成にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy Note10」シリーズは最大で「6400万画素」の「カメラセンサー」を搭載する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「6400万画素」の「カメラセンサー」を。

さて今回の情報によると、Samsungは新たに最大で「6400万画素」に対応した「GW1」センサーを正式に発表したとしており、さらに「4800万画素」に対応した「GW2」戦ーも同時に発表したとしています。少なくとも「6400万画素」のカメラセンサーは「高照度」で撮影するのには全く問題はなく、さらに「低照度」で撮影すると、4つに「画素」がマージされることからも「1600万画素」で撮影するように切り替わるとしています。

また「HDR」に対応することはもちろん、さらに「色合い」が豊かになります。さらに「PDAF」に対応し、さらに「ビデオ」撮影においては「480fps」で「FHD」の「スローモーション動画」が撮影することが可能になるとしています。

少なくとも今回の情報において、「Galaxy Note10」シリーズでこの「カメラセンサー」を採用する可能性があると報告しています。「6400万画素」という画素数が必要なのか正直疑問ですが、続報に期待しましょう。

 


最新情報をチェックしよう!