中国限定に?「Huawei P30 Pro」にはスペシャルエディションが存在にって話。

すでに「ヨーロッパ」や「アジア」などで発売を開始している「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」ですが、「カメラ」が大きな特徴となっており、その「カメラ」の原価コストは先日の情報からも「iPhone XS Max」の「1.9倍」に。そして「Galaxy S10+」の「1.4倍」となっており、さらに搭載されている「カメラセンサー」すべてが「SONY製」であることが判明しています。詳細は「気合いの入れようが違う。「Huawei P30 Pro」の「カメラ」の原価コストは「iPhone XS Max」の約2倍にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」が「技適」を通過していることが判明しており、その「モデル」番号において「Huawei P30」は「SIMフリーモデル」として。そして「Huawei P30 Pro」は「DoCoMo」の「キャリアモデル」として発売される可能性が高いと予測されており、さらに国内で根強い人気がある「Huawei P20 Lite」の後継機種である「Huawei P30 Lite」も「SIMフリー」モデルとして発売される可能性が高いと予測されています。

さて今回GizmoChinaによると、「中国」限定として「Huawei P30 Pro」には「スペシャルエディション」が判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


スペシャルエディションの存在。

まず「スペシャルエディション」の化粧箱が上記の画像になります。まあ確かに「通常」モデルと大きくデザインが異なります。

中身を開けるとこんな感じに。少なくとも「Huawei P30 Pro」本体に大きな違いはありません。ただ豪華な専用ケースが同梱されていることを確認することができます。ちょっと派手な感じがしますけど。

ちなみに「付属品」は一緒なんですけど、梱包の仕方が異なります。ちなみにこの「スペシャルエディション」は通常の「Huawei P30 Pro」とスペックやデザインは一緒みたいです。ちょっと今回の情報だけだと判然としませんが、「専用ケース」が同梱されているくらいでしょうか。また「Huawei Mall」で予約したユーザーのみが購入することが可能になっているみたいで、現地時間の「本日」より発売を開始するとしています。

「中国」国内では、瞬殺となった「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」ですが、この「スペシャルエディション」はどれだけ需要があるのか気になるところです。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧