僅か「0.1%」シェアを拡大に。「中国」で「Galaxy S10」シリーズは爆発的なヒットにって話。

先日の情報からも、特に「アメリカ」や「イギリス」において、「Galaxy S10」シリーズの事前予約数が過去最高記録となっていることが判明していますが、特に「アメリカ」においては、通信系の不具合が多発しており、ユーザーからの評判があまりいい状態ではないと判断することができます。詳細は「2016年以来の大ヒットに?「Galaxy S10」シリーズの出荷台数は「Galaxy S」シリーズで過去最高を記録するかもって話。」をご参照下さい。

一方で、「アメリカ」においては「5月16日」より発売が予定されている「Galaxy S10 5G」に関しても、「韓国」国内でのは「5G」に問題があるのか、それとも「Galaxy S10 5G」自体に問題があるのか判然としませんが、少なくとも「Galaxy S10 5G」で「5G」通信ができないことや、「4G」回線より通信速度が遅いなど前途多難の状態になっていることが判明しています。詳細は「「5G」は問題だらけ。「Galaxy S10 5G」は「5G」に全く安定して接続できない模様って話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「中国」において「Galaxy S10」シリーズは、順調な売上を記録しており、「Samsung」のシェアを拡大するのに大きな貢献をしていることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


「中国」でシェア拡大に。

さて過去3年間で「中国」における「Samsung」のシェアは大幅に縮小している中、「Samsung」のシェアは「1%」程度しかないとされています。その中で、「Galaxy S10」シリーズの売上が好調であることが判明して、その結果「第1四半期」において、「シェア」が「1.1%」に改善することに成功したとしています。僅か「0.1%」ですが、「Galaxy S10」シリーズは「Galaxy S9」シリーズと比較すると、「120%」増しの売上記録となっているとしています。

ただ「Galaxy S9」シリーズを例に考えると、やはり発売を開始する「第一四半期」においては「シェア」を拡大することに成功したとしていましたが、「第二四半期」においてはシェアがやはり下がる傾向にあるとしています。今回の情報によると、「Galaxy S10」シリーズであっても「第二四半期」ではシェアを減少させる可能性があるとしています。世界的に好調とされている「Galaxy S10」シリーズですが、今後どれだけ売上を確保できるのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!