「Huawei Mate20 Pro」の弱点を解消して。「Huawei Mate30 Pro」は「6.7インチ」のディスプレイを搭載かもって話。

少なくとも先日の情報からも、一時期は「3月26日」に正式発表された「Huawei P30 Pro」が「5G」に対応する可能性が高いと予測されていましたが、実際には「Huawei P30 Pro」は対応せず、「6月」に発売を開始すると予測されている「Huawei Mate X」と、そしていよいよ「Huawei Mate20 X」の「5G」モデルが、「5G」に対応している状況になっています。詳細は「まあ当たり前か。「Huawei Mate20 X」の「5G」モデルのデザインは「4G」モデルと変わりなくって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei」は今年の後半に登場すると予測されている「Huawei Mate30」と「Huawei Mate30 Pro」が本格的に「5G」に対応する機種になる可能性が高いと予測されており、少なくとも前モデルである「Huawei Mate20 Pro」よりは、本体価格が高くなる可能性があると予測されています。詳細は「現時点で「5G」への対応は不要。次期「Huawei Mate30」シリーズで本格的に「5G」に対応かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Huawei Mate30 Pro」は「Huawei P30 Pro」より大型「ディスプレイ」である「6.7インチ」のディスプレイを搭載している可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「6.7インチ」のディスプレイを搭載に。

さて今回の情報によると、今年の「10月」に正式発表が予測されている「Huawei Mate30 Pro」は「BOE製」の「6.7インチ」の「有機ELディスプレイ」を搭載する可能性が高いと予測されており、さらに「Edgeスタイル」を採用する可能性が高いと予測しています。また現行の「Huawei Mate20 Pro」に搭載されている「ディスプレイ統合型指紋センサー」は「光学式」を搭載していますが、「Huawei MAte30 Pro」は「Galaxy S10+」と同様に「超音波式」を採用する可能性が高いと予測されています。

また「カメラ」に関しては、「Huawei Mate20 Pro」と同様に「スクエア型」の「カメラデザイン」を採用する可能性が高いと予測していますが、「Huawei P30 Pro」と同様に「トリプルレンズカメラ」+「TOFセンサー」の組み合わせになる可能性が高いことからも、その「カメラデザイン」の詳細は判然としないとしています。

デザイン的には「Huawei Mate20 Pro」と似たデザインになる可能性が高いですが、より「大型化」されることだけは間違いなさそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!