• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「トリプルレンズカメラ」もそこまで違和感なし。「iPhone XI Max」のレンダリング画像がかっこいいって話。

「トリプルレンズカメラ」もそこまで違和感なし。「iPhone XI Max」のレンダリング画像がかっこいいって話。

今年の初めには、「iPhone XI」の「2種類」のプロトタイプのCADを基に作成されたレンダリング画像が公開されていましたが、その2種類のプロトタイプの大きな違いは「カメラ」のデザインとなっており、片方は「Huawei Mate20 Pro」のような「スクエア型」を採用しており、一方でもう片方のデザインは、「並列型」を採用していました。

ただ最終確定したとされているCADを基に作成されたレンダリング画像が先日には公開されており、Appleは「スクエア型」の「トリプルレンズカメラ」の採用を決めたと判断することができます。詳細は「「iPhone XI」と「iPhone XI Max」を比較したレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、次期「iPhone XI」の「トリプルレンズカメラ」は少なとも存在感がないとは言えない状態ですが、Appleは「iPhone 7」シリーズの時に採用したように、「カメラレンズ」ごとバンプされることで、少しでも目立たなくなるように配慮している可能性が高いと予測されています。詳細は「Appleの細かいこだわり。次期「iPhone XI」のトリプルレンズカメラはバンプが目立たないようにされているって話。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとしても有名なBenjamin Geskin氏が、自身のTwitterにおいて、最終確定したCADを基に作成した「iPhone XI」の「ゴールド」モデルのレンダリング画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


レンダリング画像が公開に。

さて今回同氏が公開した「iPhone XI」のレンダリング画像が上記の画像になります。先日公開されたレンダリング画像と同じく、「トリプルレンズカメラ」のカラーが本体カラーに合わせて「ゴールド」になっていることを確認することができます。本体カラーと同じになっていることで、そこまで存在感もなく、違和感もないですよね。

合わせてもう一つのレンダリング画像も公開されています。こちらだと本体カラー」に関係なく「カメラ」のデザインが「ブラック」になっていることを確認することができます。こちらのレンダリング画像だと、「トリプルレンズカメラ」の存在感がバリバリですよね。個人的には最初のレンダリング画像のほうが好みです。

ただ改めてみると、やはり「カメラデザイン」以外は、「iPhone XS」シリーズと大きな変化はありませんよね。このデザインの変化のなさが売上にどう影響するのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧