• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 思ったより小型バッテリーを。「Galaxy Note10 Pro」は「4500mAh」のバッテリーを搭載になるかもって話。

思ったより小型バッテリーを。「Galaxy Note10 Pro」は「4500mAh」のバッテリーを搭載になるかもって話。

先日の情報からも、今年の後半に登場すると予測されている「Galaxy Note10」は、「ハイエンドモデル」でありながらも市場のニーズにこたえるために「2モデル」展開になる可能性が高いと予測されており、その正式名称は判然としないながらも、主に「ヨーロッパ」市場を中心の発売となる「Galaxy Note10e」と、最上位モデル扱いになる「Galaxy Note10 Pro」になる可能性が高いと予測されています。詳細は「小型モデル「Galaxy Note10e」は「ヨーロッパ」市場限定になるかもって話。」と「初の2モデル展開に。「Galaxy Note10」は「Galaxy Note10e」と「Galaxy Note10+」が存在にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Galaxy Note10 Pro」に関しては、「Galaxy S10 5G」と同じく、「トリプルレンズカメラ」+「TOFセンサー」の組み合わせになる可能性が高いと予測されており、逆に言えば、「Galaxy S10 5G」より「カメラ」が大幅に進化する可能性はかなり低いと判断することができます。詳細は「「Galaxy Note10」も同様に「クアッドレンズカメラ」を搭載かも注目すべきは「Galaxy S10 5G」かもって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、「Galaxy Note10 Pro」は「Galaxy S10 5G」と同じく、「4500mAh」のバッテリーを搭載する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


4500mAhのバッテリーを搭載に。

さて今回の情報によると、「Samsung」製の新たなバッテリー画像がリークしたとしており、今回リークした「バッテリー」の画像が上記の画像になります。ただこれだけだと判然としませんが、よく見てみると「EB-BN975ABU」という文字を確認することができます。一方で「Galaxy Note10 Pro」のモデル番号は「SM-N975」であることからも、「Galaxy Note10 Pro」に搭載されるバッテリーであると判断することができます。

ただその容量は「4500mAh」となっており、当初の予測では「5000mAh」を搭載すると予測されていたことからも、地味に小型化していることを確認することができます。今回の情報によれば、「Galaxy S10 5G」と共通化することによるコストカットであるとしています。「Galaxy Note 10 Pro」も「5G」に対応することになります。普通の機種よりは大型のバッテリーを搭載していますが、「5G」対応となるとちょっと心細いかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧