コストカットのために使いまわし。「iPhone XR2」には「iPhone XS」のカメラセンサーが採用にって話。

先日には今年の後半に発表される可能性が高いと予測されている「iPhone XI」と「iPhone XI Max」の最終確定したCADを基に作成されたレンダリング画像が公開されており、少なくとも「iPhone XS」シリーズと比較して、大きなデザインの変更は見られず、その「背面」に搭載された「トリプルレンズカメラ」」が大きな違いになる可能性が高いと判断することができます。詳細は「「iPhone XI」と「iPhone XI Max」を比較したレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で「iPhone XI」シリーズと同時に発表され、「iPhone XR」の後継機種になると予測されている「iPhone XR2」ですが、そのデザインに大きな変更はないと予測されており、さらに「iPhone X」シリーズとしては最後に「液晶」を搭載したモデルになると予測されており、さらには「デュアルレンズカメラ」と「カメラ」に関しては少し強化される可能性が高いと予測されています。

さて今回GSM Arenaによると、今年の後半に発表が予測されている「iPhone XR2」は「iPhone XS」のカメラセンサーをコストカットの面から採用する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


コストカットのために。

さて今回の情報によると、次期「iPhone XR2」は「iPhone XS」シリーズが採用している「光学式2倍ズーム」に対応する可能性が高いとしており、同じカメラセンサーを採用する可能性が高いと予測しています。ただこの「光学式2倍ズーム」は、「デュアルレンズカメラ」が前提の設計となっていることからも、先日までの情報通り、「デュアルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いとしています。

またもう片方の「カメラセンサー」は判然としないながらも、Appleがコストカットを考えるのであれば、「iPhone XS」シリーズと同じカメラセンサーを搭載してもおかしくはないとしています。ただ「インカメラ」に関しては、現行「700万画素」から大幅にアップデートされ「1200万画素」に対応する可能性が高いと予測されています。

少なくとも「iPhone XS」シリーズは、Appleの想定以上に売れていません。だからこそ、関連するパーツもかなり在庫になっている可能性が高いと判断することができます。このことを考えれば、「廉価モデル」である「iPhone XR2」が部品の使いまわしになるのは当たり前なのかもしれませんよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!