「Huawei P30 Pro」から見れるように。「Huawei」が革新的な理由は研究開発費が膨大だからって話。

いよいよ正式発表された「Huawei P30 Pro」ですが、発表の時点で、「DxOMark」の評価において、世界最高の「112」のスコアを獲得しており、地味ではありますが、今まで世界最高だった「Galaxy S10+」や「Huawei P20 Pro」を引き離すことに成功したと思いきや、先日同サイトが公開した「Galaxy S10 5G」のスコアが「112」となったことからも、「Huawei」の独壇場がついに崩壊しようとしています。詳細は「価格差はやばいけど。「Galaxy S10 5G」に対して「Huawei P30 Pro」も負けていない。」をご参照下さい。

一方でその「認証」情報からも、すでに「技適」を通過していることが判明しており、「Huawei P30」は国内で「SIMフリー」モデルとして。そして「Huawei P30 Pro」は「docomo」の「キャリアモデル」として発売する可能性が高いことが判明しています。詳細は「「Huawei P30」は「SIMフリー」として。「Huawei P30 Pro」は「DoCoMo」から「キャリアモデル」として発売かも。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Huawei」が革新的な理由は、「研究開発費」に膨大な予算を割いていることが大きな要因であると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


革新的な理由。

さて今回の情報によると、「Huawei」が革新的な理由の一つとして、それは膨大な研究開発費を割いているからだとしています。現に「Huawei」は昨年「153億ドル」とけた外れの金額を「研究開発費」に割いていることが判明しており、これは5年前と比較して2倍の金額に達しているとしています。ちなみに「Huawei」以上に研究開発費に膨大な金額を割いているのは、「Amazon」であるとしており、2014年を起点として場合、「Huawei」は「149%」増加しているのに対して、「Amazon」は「210%」増加しているとしています。

一方で「Huawei」よりさらに「研究開発費」を割いている企業は存在しており、先ほども記述した「Amazon」そして「Google」そして「Samsung」だとしており、「Huawei」は世界で4番目に「研究開発費」を割いている企業となっています。ちなみに売上対比でみると、「Google」が一位で「16%」そして「Huawei」が「14%」そして「Samsung」が「8%」であることも判明しています。

やはりよりよいものを作るのには、多額の投資をするしかありません。少し前までは「Apple」が「革新的」と言われていましたが、今やそのお株も、「Huawei」に完全に奪われてしまったのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!