• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「iPhone XI」と「iPhone XI Max」を比較したレンダリング画像が公開にって話。

「iPhone XI」と「iPhone XI Max」を比較したレンダリング画像が公開にって話。

少なくとも、すでにリークしているプロトタイプを確認する限り、今年の後半に発表される可能性が高い「iPhone XI」シリーズは、「デザイン」的には「iPhone XS」シリーズから大きな変更はなく、「カメラ」のアップデートがメインになる可能性が高いと予測されています。その中で、「iPhone XI」は従来の「iPhone」と異なり、「容量構成」によって、搭載する「カメラ」が異なる可能性が高く、「大容量」モデルのみ「トリプルレンズカメラ」が搭載される可能性が高いと予測されています。

一方で、「画素数」に関しても強化されると予測されており、今まで「1200万画素」を採用していましたが、少なくとも「iPhone XI」のメインカメラセンサーには「1400万画素」が採用される可能性が高く、さらにインカメラに関しても「700万画素」から「1000万画素」に強化される可能性が高いと予測されています。少なくとも「画素数」だけで判断すれば、「セルフィー」により力を入れている可能性が高いと判断することができます。

さて今回Phone Arenaによると、「iPhone XI」と「iPhone XI Max」を比較したレンダリング画像が公開されていることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


「iPhone XI」のレンダリング画像。

先日には「iPhone XI」の最終確定したCADを基に作成されたレンダリング画像が公開されていましたが、今回さらに「iPhone XI Max」のレンダリング画像も合わせて公開された形になります。先日の情報からも「iPhone XI Max」は「6.5インチ」で「iPhone XI」に関しては「iPhone XS」と比較して「5.8インチ」から僅かに大型化し「6.1インチ」になる可能性が高いと予測されています。

それでもその本体サイズを比較する限り、現行の「iPhone XS」シリーズと同じ程度のサイズの違いであることを確認することができます。

ただ「本体カラー」に合わせて、「カメラ」の周辺カラーも異なるのか。前回公開されたのはブラックのみでしたが、今回の画像を確認する限り、「シルバー」モデルに関しては「カメラ」周辺のカラーも「シルバー」になっていることを確認することができます。少なくとも「Galaxy Note9」のような「カメラデザイン」となっていることをッカウ人することができます。

一部情報によれば、「iPhone XI」は「3つ目」の「カメラセンサー」が目立たないように処理されているとされていますが、少なくともレンダリング画像を確認する限りではそんなことないと判断することができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧