「Xperia」を優遇?「Xperia 1」の「キャリアモデル」はやはり端末購入サポートがあるかもって話。

先日の情報からも、長らく「Xperia 1」には「ROM64GB」モデルが存在していると予測されていましたが、先日国内で行われた「Xperia 1」のお披露目会において、「グローバルモデル」のスペックと前置きしていますが、「ROM64GB」と「ROM128GB」の2モデルが存在していることが判明しており、さらに一部情報においては、「ROM64GB」モデルは「台湾」や「アメリカ」そして「日本」で発売される可能性が高いと予測されています。

詳細は「嫌な予感が的中。やはり「DoCoMo」版「Xperia 1」の「ROM」は「64GB」なのでは。」と「いつになっても前進しない。国内版「Xperia 1」の「ストレージ」は「3キャリア」共通で「64GB」で確定かも。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Xperia 1」の「本体価格」は「12万円」程度になる可能性が高いと予測されており、また「dポイント」のようなポイントという形で購入サポートがつく可能性が高く、実質「9万円」程度になる可能性が高いと予測されています。詳細は「実質価格は「9万円」程度に。DoCoMo版「Xperia 1」は「月々サポート」の変わりに「dポイント」で割引に。」をご参照下さい。

さて今回有名なリーカーであるZackbuks氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「キャリアモデル」には「大幅な割引」があると投稿していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「端末購入サポート」あり。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

很多人看到 Xperia 1 参数里还有个 64GB 版本都惊了,其实没必要,此版本应该只是针对日本运营商定制出的,运营商定制有很高额的补贴,所以运营商也会要求厂商做一些特殊容量的版本出来。

今回の投稿は、「日本」の「キャリアモデル」に「64GB」モデルが存在していることに言及しているのですが、気になるのは、この「64GB」モデルは非常に高い補助金制度があるとしています。つまり何かしらの割引があると判断することができます。またこの書き方だと、「割引サポート」がないモデルもあると考えることもできます。だとすれば、先日の情報通り、「128GB」モデルも併売される可能性があると判断することができます。

「分離プラン」への移行によって、いきない高価格化すると、大幅に機種変更するユーザーは減ります。だからこそ、「メーカー」も「キャリア」も今後どのように端末を売っていくのかが大きなカギになりそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!