ちょっと話が違う。「Xperia 1」の「ROM64GB」モデルは「日本限定」ではなく「ヨーロッパ」でもって話。

先日の情報からも、「日本国内」で「キャリア」の「新製品発表会」の前に、SONYは「報道関係者」向けの「Xperia 1」の「お披露目会」を開催して、そこでは「グローバル」モデルのスペックと前置きした上で、「Xperia 1」には「公式発表」では「ROM128GB」となっていましたが、「ROM64GB」モデルが存在していることが確実になりました。詳細は「嫌な予感が的中。やはり「DoCoMo」版「Xperia 1」の「ROM」は「64GB」なのでは。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Xperia 1」には「ROM64GB」モデルが存在していることは確定しており、その上で有名なリーカーであるZackbuks氏が、この「ROM64GB」モデルは「日本市場」の「キャリア」向け専用モデルになる可能性が高いとしており、さらに先日リークした「スペックシート」からも「DoCoMo」「au」「SoftBank」の「Xperia 1」は「ROM64GB」であることが判明しています。詳細は「いつになっても前進しない。国内版「Xperia 1」の「ストレージ」は「3キャリア」共通で「64GB」で確定かも。」をご参照下さい。

さて今回有名なリーカーであるZackbuks氏は、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia 1」の「ROM64GB」モデルは「ヨーロッパ」でも発売される可能性があると投稿していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


 

「ヨーロッパ」でも。

さて今回の投稿は以下のようになります。

64GB应该仅限日本和欧洲,国行128GB

今回の投稿によると、、「Xperia 1」の「ROM64GB」モデルは「日本」と「ヨーロッパ」で発売され、一方で「中国」や「香港」などでは「ROM128GB」モデルが発売になるとしています。先日には「日本市場」限定であるとしていましたが、今回の情報では「ヨーロッパ」も追加されています。また一部情報では、「ROM64GB」モデルが発売される地域は「ROM128GB」モデルも追加されると予測されています。

流石に「RAM」に関しては「6GB」ではなく「4GB」になる可能性は低いですが、もう日本で発売される「Xperia 1」は「ROM64GB」である可能性が高いと判断することができます。一方で「SIMフリー」モデルも併売される可能性が高いと予測されている中、ユーザーな面もありますが、「SIMフリー」モデルを購入したほうが無難だと判断することができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!