「Galaxy Fold」のようにはならない。「Huawei Mate X」は予定通り「6月」に発売へって話。

先日の情報からも、折りたたみ式を採用した「中国」国内では順調に発売への準備が進んでいることが判明しており、誤って製品ページが公開されるなど、当初の予定通り「6月」に発売される可能性が高いと予測されています。詳細は「やはり「6月」で確定に。「Huawei Mate X」の発売まであと少しって話。」と「着々と準備が進行に。「Huawei Mate X」はやはり「6月」に発売にって話。」をご参照下さい。

一方で、かなり懸念されている出荷台数ですが、「Gaalxy Fold」がその製造の遅れからも「10万台」程度しか出荷できないと予測されている中、「Huawei Mate X」に関しても「8万台」程度になると予測されており、「サプライヤー」の面からも圧倒的に不利な「Huawei Mate X」はかなり頑張って生産していると判断することができます。詳細は「思ったより本体価格が安めに。「Huawei Mate X」の初期出荷数は「Galaxy Fold」とほぼ同じにって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy Fold」のように「Huawei Mate X」は「不具合」で発売が延期になる可能性はかなり低いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「問題なく6月に」

先日の情報からも、「Samsung」の「Galaxy Fold」は、「ディスプレイ」の不具合が多発しており、ユーザーからのフィードバックにおいて、ユーザーが誤った使用をしたからだと「不具合」であると認めていませんでした。なので「発売」は予定通りにと案内していましがた、ついに非を認めたのか「発売」を延期することを正式に発表し、早くても「6月」の発売になる可能性が高いと予測されています。

一方で今回の情報によると、「Huawei Mate X」に関しては問題なく「6月」に発売を開始する可能性が高いと予測されています。少なくとも「デモ機」においては「Galaxy Fold」のように「シワ」が発生していることが確認されていますが、「Galaxy Fold」と同じような「不具合」が発生するとは限りません。また「Huawei」もその品質にかなりの自信を持っていると判断することができます。

ただ「Galaxy Fold」においても「Huawei Mate X」に関しても、その本体価格に見合った価値はまだ十分にないと判断することができます。すぐ壊れるというリスクを背負える人のみ購入したほうがよさそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!